2018年全米オープンテニス観戦パッケージ&観戦チケット受付開始

スポンサーリンク
usopen

本日、どこよりも早く2018年全米オープンテニスの宿泊付観戦パッケージと観戦チケットの受付を開始します。これで2018年のテニス・グランドスラムは全て料金が出揃いました。いずれも日本発着の航空券と合わせてご検討下さい。
    この記事の目次
  1. 宿泊付観戦パッケージ
  2. 観戦チケット
  3. パッケージとチケットのどちらを選ぶべきか

宿泊付観戦パッケージ

初日(8/27)から最終日(9/9)までを13のパッケージに分けて、効率よく全米オープンを観戦できるパッケージ。ニューヨーク宿泊(3~6泊)と観戦チケットが含まれ、2017年同様ホテルとシートレベルを選べるパッケージです。
ホテルは3つ星マンハッタン地区、3つ星クイーンズ地区、4つ星マンハッタン地区、5つ星マンハッタン地区から、またシートレベルはプロムナード、ロッジ、コートサイドから選ぶことが出来ます。シートレベルによるビューの違いは以下でも説明していますので、参考にしてください。

2017年全米オープンテニス観戦チケットの選び方
料金、パッケージの詳細は↓↓↓

全米オープン2018観戦チケット&ホテルパッケージ|US OPEN TENNIS CHAMPIOPNSHIPS 2018

観戦チケット

観戦チケットオンリーでの販売です。シートレベル、座席エリアなどパッケージよりピンポイントに選ぶことが出来ます。その分、座席エリアによってはパッケージより若干高めになっています。宿泊付パッケージ同様、シートレベル、座席エリアによるビューの違いは以下でも説明していますので、参考にしてください。

料金、詳細は↓↓↓

全米オープン2018観戦チケット|US OPEN TENNIS CHAMPIOPNSHIPS 2018

パッケージとチケットのどちらを選ぶべきか

これは観戦する人の要望や予算によりけりですので、一概にどちらが良いということは出来かねます。初めて全米オープン観戦に出かける人や予算重視の方は、宿泊がついていながらリーズナブルな価格設定となっている宿泊付観戦パッケージを、何度かテニス観戦を経験したうえでビューやシートエリアを重視したい方は観戦チケットのみを選んで、宿泊は別に手配するスタイルが良いかと思います。

お問い合わせはこちらまでお願いします。

(画像提供:CTT)

スポンサーリンク

関連記事

コメント