【2018年5月最新情報】トルコは旅行に出かけてもいい国です~トルコ観光復興キャンペーン

スポンサーリンク
Cappadocia-Balloon-Tours
お馴染み カッパドキアでのバルーンツアー

ちょっと前まではヨーロッパ人気ランキングのトップ10常連の国だったのに、隣国シリアでの内紛以来すっかり日本からの渡航客が減ったトルコ。どうしても危険な渡航先のイメージが先行していますが、果たしてそうでしょうか?

各国の危険レベルを1~4に分けている外務省の海外安全ホームページによると、トルコ全体のうち南東部の一部に、最も低い「レベル1:十分注意してください」の危険情報が出ているだけ。それ以外、特に日本人に人気のイスタンブール、カッパドキア、首都アンカラなどは特に危険情報は出ていないのが実情です。それよりもロンドン、パリなどヨーロッパ内の主要な大都市のほうがテロが多数起きています。

一時期、各旅行会社ではトルコへの旅行を見合わせていましたが、今は各社とも通常通り催行しています。それなのに単にイメージで「トルコは危険」と思っている人が多いのでしょう。

本来トルコの人々は親日家が多く、日本からの観光客をもてなそうとしてくれます。また挨拶を大事にする国民性で、きっと訪れたら多くの人とのふれあいに満足することでしょう。

とはいえ、他の国への旅行同様気を付けるべき点はいくつかあります。
  • 親日家だからと言ってトルコ人を含め知らない人の誘いについていかない
  • ぼったくりバーにはいかない
  • スリ、ひったくり、置き引きに注意
  • 悪徳じゅうたん店へ行かない
  • クレジットカード詐欺に気を付ける
どれも特別トルコだから気を付けるという点ではなく、海外旅行では当たり前の注意点です。
結論:2018年、トルコは旅行に出かけても良い国です!

今までトルコへの渡航を控えていた人、また海外旅行の渡航先を検討中の人は、東洋と西洋の交差点と言われる独特の文化を体験しにトルコへ出かけて下さい。

当社では以下の通り3つのトルコの現地観光・宿泊パッケージをご案内しています。日本からの航空券を選びやすいよう、イスタンブール発着です。日本から今までのようにトルコへ来ていただきたく、料金を下げてキャンペーン中です。ランド・パッケージですが、専用車・専用ガイドプランですのでご希望に沿ってアレンジが可能です。
オーダーメイド トルコ カッパドキアとイスタンブール|ヨーロッパとアジアの交差点1
オーダーメイド トルコ カッパドキア、アンカラ、イスタンブール|ヨーロッパとアジアの交差点2
オーダーメイド トルコ 中部アナトリアとイスタンブール|ヨーロッパとアジアの交差点3
また、トルコ・カッパドキアの乗馬ツアーも2018年度より再びご案内を開始しました。詳細は以下をご覧ください。
ヨーロッパ乗馬ツアー|欧州乗馬ツアー
2018.5.17追記
当社提携トルコ現地オペレーター(手配会社)からの報告によると、「2018年5月現在のトルコの治安についてはまったく問題がないので、安心してトルコへいらしてください」とのことです。見方を変えれば、ロンドンやパリよりも安全なイスタンブール、カッパドキアへ旅行に出かけましょう!
ただし、イスラムのラマダンにあたる5/15~6/14は気を付けて下さい。詳細は外務省の「海外安全ホームページ」をご参照下さい。
2018.1.30 追記
日本旅行業協会(JATA)は同会の海外旅行推進委員会が1月11日から16日までの3泊6日の日程で実施した「トルコ復活に向けたイスタンブール等視察」について、「現地関係者の回復に向けた強い熱意を感じた」と説明。現地では「見える警備」と私服警官などの「見えない警備」により、十分な安全対策が取られているとの見解を示した。また、イスタンブールなど観光客が訪れるエリアの多くは外務省の危険情報のレベル1か指定外となっていることを改めて説明したとのこと。
詳細は1月25日付「旅行業界 最新情報 トラベルビジョン」の「JATA、トルコ視察で安全対策を確認、今年は目標10万人」をご覧ください。
スポンサーリンク

関連記事

コメント