GO! GO!! GO!!! トルコ・カッパドキアで乗馬!|乗馬ツアーコースご案内

トルコ・カッパドキアで乗馬!|乗馬ツアーコースご案内

近隣国との情勢不安から解放されたトルコは、今が行き時!先日「トルコ観光復興キャンペーン」の記事を紹介したところとても好評のため、海外乗馬ツアーのトルコのコースを紹介します。トルコといえばカッパドキア、というくらい人気のディスティネーション。「妖精の煙突」といわれる浸食によってできた岩の間を馬に乗って駆け抜ける...、とても爽快そうで乗馬愛好家がワクワクするコースです。オプションでバルーンツアーを体験することが出来ます。

    この記事の目次
  1. コース概要
  2. 日程
  3. 乗馬レベル
  4. 宿泊について
  5. 食事について
  6. 日本からは

カッパドキア・エクスプレス乗馬 - 春・秋ヴァージョン

《概要》

トルコ カッパドキアで乗馬

トルコのほぼ中心部に位置するカッパドキア(Cappadocia)は、火山の噴火や自然浸食によって、まるで月世界の石の迷路のような独特の風景を形成しています。
カッパドキアという名前は、ペルシャ語の「カタツカ(Katpatuka、美しい馬の国の意味)」に由来しています。馬に乗ってこの地域を探検することは、妖精の煙突、地下都市、古くからの伝統がある村の中心部に掘られた岩窟教会や大聖堂の隠された秘密を探し出す冒険です。
時には砂漠、時には緑豊かなといったさまざまな渓谷による強いコントラストはライダーを魅了します。アナトリア(Anatolia)の中心にあるカッパドキアには、春から秋に至る素晴らしい景色があり、ピンク色から黄色、緑色までの様々な色があります。馬のリズムに合わせて、この妖精の煙突と岩の彫刻の非日常的な風景の中を周遊する乗馬です。

この乗馬は4~5月及び9~10月催行で、ゲストハウスに宿泊するコースです。

《日程》

1日目 カイセリ(Kayseri)~アヴァノス(Avanos)

カイセリ空港に到着、カッパドキアのアヴァノス(Avanos)へお送りします(約1時間15分)。中庭を中心に配置された改装されたトルコ風ゲストハウス(Ottoman House)にチェックイン。客室は専用バスルーム付きの快適な部屋です。
宿泊・夕食:ゲストハウス

2日目 アヴァノス(Avanos)~チャヴシン(Cavusin)

早朝、オプションでカッパドキアの谷のバルーンバルーンツアーにご案内します(有料)。
短い馬のテストの後、アヴァノス(Avanos)からサルヒジル(Sarihidir)村までのトレッキングを開始します。13世紀に遡るサルハン・セルジュク・キャラバンサライ(隊商宿)を見るため、トルコ最長のクズルウルマク(Kizilirmak)川に沿って進みます。その後、素晴らしいシルクロードを駆け抜け、壮大な地層のデヴレント(Devrent、ラクダ岩)渓谷へ向かいます。
(1日4時間の乗馬)
宿泊・夕食:チャヴシン(Cavusin)のゲストハウス

3日目 チャヴシン(Cavusin)~ジェミル(Cemil)

有名な妖精の煙突を通りギュルルデレ(Güllüdere)渓谷、クズルチュルク(Kizilcukur)渓谷、メスケンジル(Meskendir)渓谷で乗馬。遠くにはオルタヒサール(Ortahisar)の印象的な岩の頂点を見ることが出来ます。庭園とブドウ園を走った後、ジェミル(Cemil)に到着します。
(1日6~7時間の乗馬)
宿泊・夕食:ジェミル(Cemil)のゲストハウス

4日目 チャヴシン(Cavusin)~ジェミル(Cemil)

タシュクンパシャ(Taskinpasa)村へ向かう間、妖精の煙突の間を進みます。その後カライン(Karain)村へ向かって、穀物畑に沿ってホドル(Hodul)山へと進みます。カラインで馬から降りて、車でユルギュップ(Ürgüp)へお送りします。
(1日6時間の乗馬)
宿泊・夕食:ユルギュップ(Ürgüp)のゲストハウス

5日目 ジェミル(Cemil)~ボズカ(Bozca)

馬たちと合流した後ボヤリ(Boyali)村を通り、Sofular村に行くためにトプツ(Topuz)高原に登ります。その後ボズカ(Bozca)村へ。
(1日6時間の乗馬)
宿泊・夕食:ボズカ(Bozca)のゲストハウス

6日目 ボズカ(Bozca)~バイラムハジュ(Bayramhacı)

ボズカ(Bozca)を出発し、橋を渡ります。そしてこの乗馬のハイライト、バイラムハジュ(Bayramhacı)温泉へ。40℃の温水でスイミングをお楽しみください。
(1日6~7時間の乗馬)
宿泊・夕食:バイラムハジュ(Bayramhacı)のファミリー・ゲストハウス

7日目 バイラムハジュ(Bayramhacı)~アヴァノス(Avanos)

バイラムハジュ(Bayramhacı)を出発後ギョイヌック(Göynük)川沿いに進み、オズコナク(Ozkonak)に到着します。ここは地下都市としてよく知られています。訪問後、カッパドキアの谷を支配するイディス(Idis)山に登ったのち、アヴァノス(Avanos)へ。
(1日6時間の乗馬)
宿泊・夕食:アヴァノス(Avanos)のゲストハウス

8日目 アヴァノス(Avanos)~カイセリ(Kayseri)

フライトスケジュールにあわせて、カイセリへお送りします(1時間15分)。

《乗馬レベル》

この乗馬は3ペースで快適に、1日5~6時間(30~40km)乗馬を続けられることが条件です。全体的なペースはゆるやかです。
ときどき荒れた地形は、馬から降りることが必要な場合があります。

《宿泊》

初日と最終日はアヴァノスのトルコ風ゲストハウス(Ottoman House)に宿泊。客室はプライベートバス付きのダブル、トリプルルームで、素敵な装飾が施されています。その他は各地のゲストハウスに宿泊します。

《食事》

料金には全食事が含まれます。朝食・夕食は宿泊施設にて、朝食はトルコ式の朝食です。昼食は日程途中でピクニックランチ。
夕食は地元の特産を活かしたトルコ料理がメインです。

《日本からは》

上記乗馬ツアーへのご参加には別途日本~カイセリ(カッパドキア)往復の航空券が必要です。空港送迎は含まれています。必要に応じ、前後泊の手配を承ります。
料金、その他詳細はウェブサイトをご確認ください。

ヨーロッパ乗馬ツアー|欧州乗馬ツアー

(画像提供:RandoCheval)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

TOP