フランス・ロワール~ソーミュールの古城と国立乗馬学校カドル・ノワール訪問の乗馬ツアー

スポンサーリンク
フランス ロワールとソーミュールの古城めぐり乗馬

当社ウェブサイトにてご案内のフランス乗馬ツアー「ロワール古城めぐり」で唯一、8月25日発限定の特別コース「ロワール~ソーミュールの古城と国立乗馬学校カドル・ノワール訪問の乗馬ツアー」をご紹介します。ロワールの古城訪問はもちろん、フランスの国立乗馬学校「カドル・ノワール」での乗馬ショーの見学、そしてソーミュールのワイン・ティスティングなど、フランスでの乗馬が満喫できるコースです。
催行確定となりました(残り2名枠のみ)ので、夏のフランス乗馬のコースとしてご検討下さい。
    この記事の目次
  1. コース概要
  2. 日程
  3. 乗馬レベル
  4. 宿泊について
  5. 食事について
  6. 日本からは

ロワール~ソーミュールの古城と国立乗馬学校カドル・ノワール訪問の乗馬ツアー

《概要》

この乗馬はロワール=アンジュー=トゥレーヌ(Loire-Anjou-Touraine)地方自然公園の中心部に点在する、ヴィランドリー(Villandry)庭園、美しい中世建築のフォンテヴロー(Fontevraud)修道院、アゼ=ル=リドー(Azay-le-Rideau)城、中でも魅力的な、ケルト時代初期の要塞だった岩の大地の上にあるシノン(Forteresse Royale de Chinon)城、また「フランスの最も美しい村」に登録されたモンソロー(Montsoreau)を訪れます。
ロワールからソーミュール(Saumur)への乗馬の最後には、国立乗馬学校「カドル・ノワール」を訪れます。

《日程》

1日目

18:30 シュノンソー(Chenonceaux)駅で出迎え、ゲストハウスへお送りします。
宿泊・夕食:ゲストハウス

2日目 モンプポン(Montpoupon)城

朝食後、日程の説明と馬の紹介。モンプポン(Montpoupon)城へ向けて出発します。到着後ピクニックランチ。昼食後は中世の要塞だったモンプポン城訪問の時間を設けています。
午後、レニャック=シュル=アンドル(Reignac-sur-Indre)へ向けて出発。
宿泊・夕食:ゲストハウス

3日目 コルムリー(Cormery)修道院

朝食後、コルムリー(Cormery)へ向けてアンドル(Indre)川に沿って出発。コルムリー(Cormery)にはトゥールの聖マルタン聖堂を建設した建築家によって建造された、791年建造の有名な修道院があります。到着後ピクニックランチ。昼食後に修道院訪問の時間を設けています。
午後、トリュイ(Truyes)へ向けて出発。
宿泊・夕食:ゲストハウス

4日目 ヴィランドリー(Villandry)とアゼ=ル=リドー(Azay-le-Rideau)城

午前、車でヴィランドリー(Villandry)城を訪れます。ヴィランドリー城は、それは、ロワール渓谷に建てられた最後の城の一つで1536に完成しました。最後の所有者が建造時同様に復元した壮大な庭園をご覧ください。
園内でピクニックランチ後、アゼ=ル=リドー(Azay-le-Rideau)城へ。この城はアンドル(Indre)川の中州の島に、フランソワ1世によって1518~1528年に建設されました。
宿泊・夕食:ゲストハウス

5日目 ロワール=アンジュー=トゥレーヌ(Loire-Anjou-Touraine)地方自然公園

朝食後、サン=ブノワ=ラ=フォレ(Saint-Benoit-la-Forêt)へ向けて出発。ロワール=アンジュー=トゥレーヌ(Loire-Anjou-Touraine)地方自然公園の中心部での乗馬です。サン=ブノワ=ラ=フォレ到着後、ピクニックランチ。
午後、シノン(Chinon)城へ。シノン(Chinon)城は、ビエンヌ(Vienne)渓谷を見下ろすケルト時代初期の要塞だった岩の高台に建っています。今日、10世紀から建築が始まったこの中世の城が支配していたシノンの街は「歴史と芸術の街」と名付けられ、中世の歴史的中心部を守っています。
宿泊・夕食:ゲストハウス

6日目 ソーミュール(Saumur)とフォンテヴロー(Fontevraud)

午前、ソーミュール(Saumur)の国立乗馬学校「カドル・ノワール(Cadre Noir)」を訪問し、ショーを見学する時間を設けています。
サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路の出発点で小高い土地にあるトゥレーヌ(Touraine)地方には、多くの素晴らしい宗教建築があります。ビエンヌ(Vienne)渓谷に沿って進んだ後、フォンテヴロー(Fontevraud)修道院に到着。1101年に設立され、西洋最大の修道院都市の一つです。12世紀から18世紀にかけて、36の修道院がこの素晴らしい修道院に続いて建設されました。フォンテヴロー(Fontevraud)修道院にはアンリ2世(Henry II)、アリエノール・ダキテーヌ(Aliénor d'Aquitaine)、リチャード1世(Richard Coeur de Lion)とイザベル・ダングレーム(Isabelle d'Angoulême)らが眠っています。
宿泊・夕食:修道院

7日目 モンソロー(Montsoreau)とテュルカン(Turquant)

朝食後、修道院を訪れたのちモンソロー(Montsoreau)へ向けて出発。ユネスコ世界遺産と「最も美しいフランスの村」に登録されたモンソローは、ロワール川のほとりに位置しています。到着後村の散策。
午後、ソーミュールの谷に囲まれた絵のように美しい町並みのテュルカン(Turquant)へ。地元で評判のワインのティスティング。
宿泊・夕食:修道院

8日目

朝食後、ソーミュール駅にお送りします。

《乗馬レベル》

この乗馬は3ペースで快適に乗馬でき、体力に自信のある方向けです。道によっては時々馬から降りて歩く場合があります。

《宿泊》

宿泊施設は快適なゲストハウスで、バスルームとトイレが付いているダブルルーム。1人部屋は追加料金にて承ります。

《食事》

料金には全食事が含まれます。
朝食は宿泊施設にて。
昼食はスチュワードシップによって提供される、前菜とワインを含むフルビュッフェスタイルです。昼食には約2時間を要します。
夕食は地元の伝統的な料理です。

《日本からは》

上記乗馬ツアーへのご参加には別途日本~パリ往復の航空券、及びパリから集合場所のシュノンソー駅・終了場所のソーミュール駅からパリまでのレイルチケットが必要です。フライトスケジュールにより、前後パリ泊の手配を承ります。

料金、詳細は以下をご覧ください。

フランス乗馬ツアー

(画像提供:RandoCheval)

スポンサーリンク

関連記事

コメント