GO! GO!! GO!!! アイラ島やスペイサイドのウィスキー蒸留所ツアーを手軽に予約できるサイトを紹介します!

アイラ島やスペイサイドのウィスキー蒸留所ツアーを手軽に予約できるサイトを紹介します!

アイラ島ラガヴーリン蒸留所

アイラ島・ラガヴーリン蒸留所

スコッチウィスキーの聖地アイラ島やスペイサイドのウィスキー蒸留所めぐりは相変わらず人気のようです。当社ウェブサイトでも現地ツアーをご案内していますが、今日はもっと簡単に手配できる海外オプショナルツアー専門サイトをご紹介します。自社売り上げのため本当はあまりお教えしたくないのですが、当社がご案内している現地ツアーとどちらが旅行者の希望に合うものか比較してもらうことも必要だと思い、あえてご案内しました。
    この記事の目次
  1. VELTRA(ベルトラ)とは?
  2. フライトがご案内するウィスキー蒸留所めぐりツアー
  3. 契約事は必ず目を通して

VELTRA(ベルトラ)とは?

当ブログ内「海外オプショナルツアーは旅のスパイスです」でもご案内の通り、VELTRA(ベルトラ)はオプショナルツアー専門会社。取扱い数は恐らく日本でトップでしょう。各都市市内観光やはもちろん、宿泊付ツアーや空港送迎、都市間移動までカバーしています。また、他の会社では取り扱い数が少ないレストラン予約ができるのもこの会社ならでは。旅行会社の目から見ても、利用価値の高い会社です。
そのベルトラで、スコットランドのウィスキー蒸留所めぐりのツアーをいくつか掲載しています。「アイラ島&スペイサイド・ウィスキーツアー」でご案内の内容は、このベルトラのツアーを紹介したもの。現在発売中のツアーは以下の通りです。
  • アイラ島&スコットランド西海岸 3泊4日ツアー<4~10月/月・金/エジンバラ発>
  • スコットランドのモルトウィスキー蒸留所を訪ねる ハイランド地方1日観光<エジンバラ発>
  • ダンケルド、テイ湖、ピトロッホリー、ウィスキー蒸留所1日観光<エジンバラ発>
  • スターリング城・とローモンド湖、ウイスキー蒸留所1日観光ツアー<少人数制/グラスゴー発>
  • スコッチウィスキー蒸留所探訪☆ハイランド日帰りツアー<エジンバラ発>
  • スペイサイドの人気ウイスキー蒸留所を巡る!2泊3日ツアー<4月~10月/エジンバラ発>
  • 嬉しいウィスキー試飲2杯付!スコッチウィスキー蒸留所見学ツアー<日本語通訳付/午後/エジンバラ発>
多少内容は重なるものの、人気の2大聖地アイラ島とスペイサイドへのツアーが、手軽に予約できます。ほとんどは英語ガイドの案内ですが、最後の「嬉しいウィスキー試飲2杯付!スコッチウィスキー蒸留所見学ツアー」は唯一日本語通訳がついているツアーですので、言葉の心配がありません。
これらのツアーの詳細を見たい、予約したい人は以下からご覧ください。ページを開けたら「スコットランド」⇒「ウィスキー蒸留所めぐり」をクリックしてください。

VELTRA

フライトがご案内するウィスキー蒸留所めぐりツアー

一方当社ウェブサイトにてご案内のウィスキー蒸留所めぐりは以下からご覧いただけます。

オーダーメイド大人の浪漫 スコッチウィスキーの聖地めぐり|スコットランドの蒸留所を効率よく網羅

ベルトラと比べると催行日数や費用面では負けてしまうものの、各蒸留所でのティスティングツアー料金が含まれるのが違うところ。また蒸留所も厳選されていますので、本当に訪れる価値がある蒸留所に行くことが出来ます。
そして当社では、このツアーに参加するために必要な航空券、前後の宿泊、ツアー以外に必要な現地移動などを総合的にご案内致します。

契約事は必ず目を通して

ベルトラや当社ご案内のツアー以外に、探せばスコッチウィスキー蒸留所めぐりのツアーはまだまだあるでしょう。選択肢が多いということは、旅行者が内容を吟味し本当に自分の希望に合うツアーを選ぶことが出来るという意味で、良いことだと思います。そしてその中から当社ウェブサイトでご案内するツアーを選んでいただければ、日頃ウェブサイトでやっていることが報われるというものです。

ただちょっとやかましいことを言わせてもらえば、どのツアーを選ぶにせよ申し込み条件や取消条件、ツアーに含まれる・含まれないものを必ずチェックして予約してください。例えばベルトラのサイトで予約するということは、ベルトラと直接契約することで、諸条件は当社のものではなくベルトラのものが適用されます。当社で旅行をお申し込みいただく際は、必ず見積もり時に諸条件をご案内し、了承してもらってからお申込み頂いています。
後で「そんなこと、聞いてないよ!」ということのないように、契約事はしっかりと目を通しましょう。

子供と一緒の家族旅行では訪れる機会がないウィスキー蒸留所めぐりは、まさに大人だけに許された「浪漫旅行」です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

TOP