夏休みのテニス観戦旅行なら全米オープンと全米オープンシリーズ

全米オープン アーサーアッシュスタジアム

今年の夏休みのご計画はお済みですか?錦織圭の復帰や大阪なおみのツアー初優勝で日本のテニス界はまた盛り上がりつつあります。今年の夏休みは彼らをはじめ日本人プレーヤーの活躍と、今年になってランキングの変動激しいATPのニューカマーや一押しプレーヤーの活躍を観に、アメリカへの旅行を計画してみてはいかがですか?
当社でご案内しているグランドスラムの最終戦、全米オープンとそ全米オープンシリーズについて、観戦チケットや観戦パッケージをご案内します。

    この記事の目次
  1. 全米オープンシリーズとは
  2. 男子も女子も観たい時は…
  3. 結局観るならコレ!

全米オープンシリーズとは

ウィンブルドンの後、7月下旬から全米オープンまでの約1か月間北米各地で行われるUSTA公認の一連のトーナメントを総称して「全米オープンシリーズ(US Open Series)」といいます。具体的には以下トーナメントを指します(うちリンクは当社取扱いのトーナメント)。

ATP

WTA

男子も女子も観たい時は…

上記のうちATP、WTA共催のトーナメントはCITIオープン、ロジャーズ・カップ、ウェスタン&サザン・オープンの3大会です。CITIオープンは全米オープンシリーズには含まれませんが、同期間内に行われる男女共催のトーナメントとして重要な大会です。またロジャーズ・カップは毎年開催地が男女でトロント、モントリオール交互に行われ、今年は男子がトロント、女子がモントリオールです。

では男子も女子もいっぺんに観戦するにはどれがベストな大会か?それはCITIオープン、ウェスタン&サザン・オープンでしょう。CITIオープンの開催地はワシントン、会場のロック・クリーク・テニスセンターは中心部からのアクセスが良い大会です。一方ウェスタン&サザン・オープンはシンシナティ郊外、リンドナー・ファミリー・テニス・センターにて行われますが、市内からのアクセスが少々難儀です。

結局観るならコレ!

男子も女子も観ることができ、アクセスが良くお目当てのプレーヤーも出場する確率が高い、となると、やはり全米オープンになってしまいますね。
2018年全米オープンは8/27~9/9、夏休みの最後ですので、2学期の始業式に間に合わせるには初日~3日目の1~2回線あたりに焦点を合わせて計画してください。当社では宿泊パッケージと観戦チケットオンリーの2通りでご案内しています。
詳細は以下をご覧ください。

宿泊パッケージ

全米オープン2018観戦チケット&ホテルパッケージ|US OPEN TENNIS CHAMPIOPNSHIPS 2018

観戦チケット

全米オープン2018観戦チケット|US OPEN TENNIS CHAMPIOPNSHIPS 2018
夏休みまで待てない、という方は、ゴールデンウィーク~全仏・ウィンブルドンまで、各トーナメントの観戦商品を取り揃えています。詳細は以下からご覧ください。
テニス|オーダーメイド専門旅行会社 有限会社フライト

(画像提供:CTT)

スポンサーリンク

関連記事