ロレックス上海マスターズを観に行こう

グランドスラム、ATP、WTAの観戦チケットと観戦パッケージを取り扱うフライトが、各トーナメントについて詳しくご案内しています。「ホテルは?」「アクセスは?」など様々な「?(はてな)」についてご案内し、1人でも多く会場に出かけて海外でのテニス観戦をお楽しみいただければと思います。
今回は、唯一アジアで開催されるATPマスターズ1000の第8戦、ロレックス上海マスターズです。

ロレックス上海マスターズとは

shanghai masters

テニス・マスターズ・カップ、オリンピックの成功に続き、さらなるツアートーナメント誘致に成功したアジア初のATPマスターズ1000のトーナメント。グランドスラムが終了し、プレーヤー、ファンともにATPファイナル出場の行方が気になってくる毎年10月上旬に行われます。
会場は上海郊外、上海旗忠森林体育城テニスセンター(Shanghai Qizhong Forest Sports City Tennis Center)。センターコートは収容約15,000人のStadium Court、もう一つのShowコートGrandstand Courtは一部指定席で、その他は自由席です。
当社が販売する指定席観戦チケットは、Stadium Court指定席とGrandstand Courtの自由席、及びその他コートで自由に観戦できます。
料金、会場マップ、スタジアム・シートマップは以下からご覧ください。
上海ロレックス・マスターズ2018 観戦チケット, 観戦チケット&ホテル|SHANGHAI ROLEX MASTERS 2018

観戦スタイル

どのトーナメントでも、観戦手配についてはチケット&ホテルパッケージを利用するか、観戦チケットのみを手配しホテルは別に手配するかで悩むところです。しかしながら当社では、上海マスターズについてはどちらもLevel B(カテゴリー2)もしくはLevel A(カテゴリー1)のみのご案内です。公式にはLevel AはA+とAに分かれていますが、ご指定を承ることは出来かねます。
チケット&ホテルパッケージは木~日曜日(ファイナル)までの4日間通しチケットが含まれるもののみの設定となっていますので、部分的に観戦したい方は観戦チケットとホテルを別々に手配するのが良いでしょう。
いずれの観戦スタイルでも、当社では日本発着の航空券からご希望に合わせた手配を承ります。

アクセスとホテル

テニス観戦にとって、会場アクセスと宿泊ホテルの選定は重要アイテム。どれだけスムーズに会場まで移動できるか、試合終了が夜遅くなった時のホテルまでの帰り方など、この2点は切っても切れない関係です。オフィシャルサイトでもまだ詳しい情報が出ていないため、今後随時更新してまいります。

アクセス

上海には浦東国際空港、虹橋国際空港の2つの空港があり、どちらも日本からの直行便が運航しています。利便性が良いのは浦東空港ですが、トーナメント会場により近いのは虹橋空港です。
昨年までの情報では大会期間中、地下鉄1号線のXinzhuang駅から会場までのシャトルバスが運行しています(片道45分、2元、今年の料金は未定)。行き(会場まで)は11:00~19:00まで、帰り(会場発)は16:00~22:00まで運行しています。
試合終了が遅くなった場合(21:30~試合終了後30分後ま)、で会場からCaoxi Road駅南側バスターミナルまでのシャトル運行があります(10元、今年の料金は未定)。

ホテル

上記アクセスを考慮し、上海市内中心部なら地下鉄1号線上、またはXinzhuang駅周辺のホテルを選ぶのが良いでしょう。ちなみにパッケージで使用しているThe Portman Ritz-Carlton(5つ星)は地下鉄1号線の駅近くです。観戦チケットとホテルを別々に手配する場合、当社ではホテル手配を合わせて承ります。
また、当ページ右のサイドバーに設置したBooking.comからもホテル検索が可能ですので、ご利用ください。

お申し込み、お問い合わせ

料金、詳細は以下当社ウェブサイトよりご覧ください。またページ内に見積もりフォーム、Web申込書を用意していますのでお問い合わせ、お申し込みをお待ちしております。

上海ロレックス・マスターズ2018 観戦チケット, 観戦チケット&ホテル|SHANGHAI ROLEX MASTERS 2018

(画像提供:CTT)

0 件のコメント :

コメントを投稿

TOP