2018年下半期ロジャー・フェデラーを観ることができるトーナメントを予測してみた

全米オープン会場 アーサーアッシュスタジアム

現在ランキング2位のロジャー・フェデラー(Roger Federer)が、8月6日よりトロントで行われるATPワールドツアー1000のロジャーズ・カップを欠場すると発表した。自身が前に進むための決断だそうだ。そこで今年下半期、華麗なフェデラーのプレーが観戦できるトーナメントを予測してみた。これは、あくまで筆者の個人的見解であることをご理解頂きたい。
    この記事の目次
  1. 2018年上半期の成績とポイント
  2. 2018年下半期フェデラーが出場が予測されるトーナメント
  3. 全米オープンでフェデラーのプレーを見るには
  4. まとめ&お問い合わせ

2018年上半期の成績とポイント

2018年上半期のフェデラーは全豪オープン優勝の後、インディアンウェルズ(ATP1000)で準優勝、マイアミオープン(ATP1000)では初戦敗退ののち、全仏オープンを含むクレーシーズン全てを欠場、グラスコートシーズンに入った6月のハレ(ATP500)で準優勝の後、ウィンブルドンに臨んだ。しかし準々決勝で敗退し、現在に至っている。

現在(7月25日現在)の獲得ポイントは7080ポイントで2位。3位のA.ズべレフと1415ポイント差だ。ちなみにランキング1位のR.ナダルは9310ポイント、フェデラーとは2230ポイント差である。

ここまでの結果を見る限り、フェデラーは復帰後の体調やランキングポイントよってトーナメントを選んでいるようだ。そしてこの先見据えているのは、グランドスラムの全米オープンの優勝、そしてATPファイナルへの出場権獲得だろう。

2018年下半期フェデラーが出場が予測されるトーナメント

ATPのランキングポイントとは違う、ATPファイナルへの出場権を決めるRace to Londonでも、現在フェデラーは2位だ。このまま順調にいけば、ファイナルへの出場権獲得は問題ないだろう。そう考えると、下半期にフェデラーが出場すると予測されるのは以下のトーナメントではないだろうか。
すでにロジャーズ・カップは欠場すると発表されているが、シンシナティも欠場するとは発表されていない。USオープンシリーズのひとつ、ウェスタン&サザンオープンは、全米オープンに向けた調整の場としては格好のトーナメントだろう。上海マスターズ、BNPパリマスターズはまだ出場するかどうかは予測できない。しかしながら、パリに関してはスイス・インドアの翌週なので、体調を考え欠場するのではないだろうか。

注目はレーバー・カップとスイス・インドアだ。レーバー・カップについては、自身のツィッターで「特別なイベント」と書いていて、出場への意欲が伺える。一方、スイス・インドアはフェデラーのホームである通称ロジャー・フェデラー・アリーナでの開催だ。例年を考えても、これに出ないはずはない。

テニスプレーヤーにとって、全てはATPファイナルへの出場権獲得につながるのだ。

全米オープンでフェデラーのプレーを見るには

これからフェデラーの出場が予想される直近の大きなトーナメントは、ウェスタン&サザンオープンと全米オープンだ。ウィンブルドンは前年度優勝者が初日のセンターコートでプレーすることが決まっているが、その他のトーナメントは決してそうではない。お気に入りプレーヤーのプレーを確実に観たいなら、1回戦がポイントだ。オーダー・オブ・プレーは直前にしか発表されないが、ランキング上位のプレーヤーは1回戦であればある程度予測がつく。

全米オープンを例にとってみよう。このグランドスラムは2週間かけて行われ、大会初日と2日目に1回戦が行われる。そして直前までのATPランキングによって、オーダー・オブ・プレーが決まっている。
現時点のランキングで考えれば、ナダルは1位のため第1シード、トップハーフに組み込まれる。そしてフェデラーは2位のため第2シード、ボトムハーフに組み込まれる。グランドスラムのように2週間かけて行われるトーナメントでは、トップハーフを初日に、ボトムハーフを2日目に行っているので、このように予測がつく。

しかし、全米オープンまではCITIオープンから始まるUSオープンシリーズを始め、グレードによりさまざまなトーナメントが開催されるので、まだまだランキングは変動しそうだ。獲得ポイントが大きいATP1000のロジャーズ・カップとウェスタン&サザンオープンの結果次第では、上記予測は変わってくる。ナダルとフェデラーのランキングはほぼ変わらないだろうだが、それを追いかけるズベレフの結果が大きな鍵となる。

全米オープンでフェデラーが大会初日にプレーするか、2日目にプレーするかはズベレフ次第といったところか。

まとめ&お問い合わせ

フェデラーファンとしてはあまり考えたくないだろうが、フェデラーの年齢と各トーナメントへの出場可否を鑑みると、今後彼のプレーを見ることが出来るのはここ数年だろう。筆者自身としても、あのワルツを踊っているような華麗ながら、それでいて正確なプレーをいつまでも見ていたいものだ。だから1試合1試合、大事に見ていきたいと思う。

この記事は確実にフェデラーを観戦できるトーナメント及び観戦日を保証するものではないことを、繰り返し述べたい。そして上記のようにご自身でフェデラー観戦を予測できたら、以下からお問い合わせを。
テニス|オーダーメイド専門旅行会社 有限会社フライト
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
スポンサーリンク
関連記事