ツリーハウスに宿泊!フランス乗馬ツアー新コース|ジロンドの休日乗馬

フランス乗馬ツアーから、ちょっと変わった宿泊体験が出来る新コースのご案内です。ボルドーやソーテルヌといったワインの名産地ジロンドで、ツリーハウスに宿泊する2泊3日のコースです。広々とした施設のスイミングプーでリラックスし、木の上での一夜はちょっとした冒険気分を味わえるこのコースには、乗馬以外にもゆったりとした休日の要素が3日間に凝縮されています。この夏のバカンスにご利用下さい。
    この記事の目次
  1. コース概要
  2. 日程
  3. 乗馬レベル
  4. 宿泊について
  5. 食事について
  6. 日本からは

ジロンドの休日乗馬

概要

ジロンド(Gironde)南部の森林を駆け抜ける、素晴らしい休日を過ごせる乗馬です。
滞在中、自然に近い特別なツリーハウスやコテージへの宿泊を予定しています。

日程

1日目

08:30乗馬ファームに集合。
馬の紹介と日程のプレゼンテーションの後、10:00に出発、ジロンド(Gironde)の丘をバザス(Bazas)の方向へ向かいます。
城壁の下でピクニックランチの後、このガスコーニュの町と13世紀に建てられたユネスコ世界遺産であるゴシック様式の大聖堂を訪れます。バザスはボルドー(Bordeaux)とソーテルヌ(Sauternes)のブドウ畑の南側に位置しています。
その後サンテアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路を進み、ガスコーニュの森の中心部へ向かいます。
宿泊・夕食:B&B

2日目

朝食後、大規模な森林の中にある美しい小路でのギャロップから始まります。
その後、地元の食材を使用した美食のランチのためエスコード(Escaudes)のレストランに向かいます。
昼食後、歴史的な村カプチュー(Captieux)へギャロップで向かいます。
夕方、宿泊するツリーハウスがある小さな村に到着。木の上の心地よい雰囲気の中で、自然と森と共存する変わった一夜を過ごします。
宿泊・夕食:ツリーハウス

3日目

朝食後、マルゴ王妃が滞在していたアルブレ伯の宝石といわれるカズヌーブ(Cazeneuve)城へ向かいます。この魅力的な城は、歴史的記念碑として指定された公園の真ん中に立っています。
この公園でピクニックランチ。
昼食後記念碑を訪れた後、丘やジロンド南部の典型的な美しい村を進んでガジャック(Gajac)のファームに到着。
17:30以降解散。

乗馬レベル

この乗馬は、外乗経験があり3ペースで様々な地形を快適に乗馬できる方向けです。1日4.5~6時間、さまざまなペースで騎乗できる体力が必要です(25~30 km)。目安として、この乗馬に参加するには最低Gallop 2相当のレベルが必要です。

宿泊

1泊目はB&Bに宿泊します。バスルーム(ウォークインシャワー)と専用トイレがあり快適です。サン・ラウンジ付きの屋外テラスもあります。
二日目はツリーハウスに宿泊します。施設にはスイミングプールと専用テラスがあります。シャワー、トイレはツリーハウスから直接アクセスできます。

食事

ボルドーやソーテルヌといったワインの名産地にほど近いエリアを周遊しますので、食事時のワインは期待が高まります。ツアー代に食事中の飲み物代が含まれています。
朝・夕食は各宿泊施設にて。昼食はピクニックランチを用意します。いずれもこの地方の食材を使用した地産地消の郷土料理です。

日本からは

上記乗馬ツアーへのご参加には、別途日本~ボルドー往復航空券及びランゴン駅までのレイルチケットが必要です。
ランゴン駅からは前泊手配を承った場合のみ無料にて送迎します。

料金・その他詳細はウェブサイトをご確認ください。

フランス乗馬ツアー

ファームステイからトレッキングまで、1名参加可能な各種コースを取り揃えた海外乗馬ツアーです。初心者から上級向けに1~8泊の各コースは、フランスならではのワインルート、ラヴェンダールート、古城めぐり、巡礼路をはじめ、馬術クリニック、耐久コースなど各種ご用意しております。

(画像提供:RandoCheval)

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
スポンサーリンク
関連記事