【ニューリリース】2020年ウィンブルドン観戦チケット&ホテルパッケージ

テニスの聖地ウィンブルドン・センターコート
【テニスの聖地ウィンブルドン・センターコート】
2019年ウィンブルドン、男子は5時間の死闘の末ノバク・ジョコビッチが優勝、女子はシモナ・ハレプの初優勝で終わり、それぞれ2020年初日のセンターコートに立つことが決まりました。そして本日、フライトより2020年ウィンブルドン観戦ホテルパッケージと観戦チケットを発売します。
    この記事の目次
  1. ウィンブルドン ホテル&ホスピタリティパッケージの概要
  2. ウィンブルドン観戦チケットの概要
  3. あわせてチェック!今後のグランドスラムと関連記事

ウィンブルドン ホテル&ホスピタリティパッケージの概要

2019年同様「ウィンブルドン ホテル&ホスピタリティパッケージ」は、ホスピタリティ付きチケットにロンドン宿泊を組み合わせた完全観戦パッケージです。大会2週間を15のパッケージに分けてあり、それぞれ日数に合わせてセンターコートまたはNo.1コートの指定席観戦チケットが含まれているので、「テニスの聖地」ウィンブルドンを思う存分観戦できます。

各パッケージに含まれるロンドンご宿泊は2~5泊、それぞれ3~5つ星デラックスの設定です。設定ホテルはこちらのMapからご覧ください。

このパッケージに含まれる観戦チケットはディベンチャーチケットですので、ディベンチャーチケット保持者だけが利用できる会場内ラウンジをご利用いただけます。観戦前のお食事やお飲み物のサービス、アフタヌーンティーサービス(別途有料)など、暑い7月の観戦を潤すサービスをご利用いただけます。

より詳しいパッケージの料金、詳細は以下当社ウェブサイトよりご覧ください。
ウィンブルドン2020観戦パッケージ|WIMBLEDON 2020

ウィンブルドン観戦チケットの概要

ウィンブルドンのセンターコートの観戦シートをよりピンポイントに選びたい、センターまたはNo.1コートチケットとホテルは自由に選びたいという方のために、観戦チケットのみを販売しています。

センターコートはレベル200~300のシートのうち一部セクション(座席エリア)を指定できるシートを、No.1コートはLowerシート(セクションの指定は不可)をご案内します。
「ウィンブルドン ホテル&ホスピタリティパッケージ」同様、ご案内する観戦チケットはディベンチャーチケットですので、ディベンチャーチケット保持者だけが利用できる会場内ラウンジをご利用いただけます。

【ご注意】観戦チケットはほとんどがペアでの販売となります。シングルチケットはセンターコート、No.1コートともにGeneral(セクション指定不可)にてご案内します。

より詳しい観戦チケットの料金、詳細は以下当社ウェブサイトよりご覧ください。
ウィンブルドン2020観戦チケット|WIMBLEDON 2020

あわせてチェック!今後のグランドスラムと関連記事

これからの海外テニス観戦はスマホ・タブレットが必需品です

近年、グランドスラムやATP・WTAツアーの観戦チケットは従来の紙のチケットからE-チケットへと変化してきましたが、ここ1~2年でさらに進化しています。もはやテニスの観戦チケットは、モバイル・チケットの時代に突入しました。今後海外でのテニス観戦は、フィーチャーフォン(ガラケー)だけではご覧になることが難しくなります。常に最新の情報でテニス観戦チケットをご案内しているフライトでは、チケット発行状況に合わせて観戦チケットの受け取り方法から管理方法をご案内します。

速報!2019年全米オープン観戦チケットとホテルパッケージの発売

大阪なおみの全米オープン初優勝の興奮冷めやらぬ中、早くも2019年全米オープン観戦チケットとチケット&ホテルパッケージを発売します。2019年はディフェンディング・チャンピオンとして出場するであろう大阪なおみやグランドスラム初優勝を目指す錦織圭を応援しに、2019年もニューヨークへ駆けつけよう!

2020年全豪オープンでさらに進化した大坂なおみを観るべく、今からチケットをゲット!

つい先日、2019年全豪オープンでの大坂なおみの優勝に日本中が酔いしれたばかりですが、本日どこよりも早く2020年全豪オープン観戦パッケージと観戦チケットを発売します。今から来年の特等席をゲットして、今年1年活躍するであろう大坂なおみの更なる進化をメルボルンで確かめよう!

どこよりも早く2020年全仏オープン(ローランギャロス)観戦をご案内します

本日、どこよりも早く2020年全仏オープン観戦チケット&ホテルパッケージ及び観戦チケットを発売します。2020年にはフィリップ・シャトリエに屋根が付き、全天候対応になる予定です。ウィンブルドン同様伝統あるスタジアムでの観戦チケットをいち早くゲットしよう!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
スポンサーリンク
関連記事