【ブックマーク必須!】2020年テニス・グランドスラム&ATP観戦チケット情報

【2019年ハードロックスタジアムに移転したマイアミオープン】
今年も残すところ、ATPマスターズは1000,500ともにあと数大会となり、ファイナルの行方が気になってきましたが、同時に2020年が気になる時!フライトでは、早くも2020年度料金をウェブサイトにてご案内しています。年初から新設のATP Cupが始まり、オリンピックイヤーでもある2020年は、どのトーナメントも見逃せません。
    この記事の目次
  1. グランドスラム
  2. ATPマスターズ1000&500
  3. レーバーカップ、ATPファイナル、その他
  4. ブックマークはこちら!

グランドスラム

先日終わったばかりの全米オープンを含め、2020年全てのグランドスラムの料金をご案内しています。どの大会も
  • ホテル&チケットパッケージ
  • 観戦チケット
の2通りでご案内していますので、観戦タイプごとにご検討下さい。

全豪オープンは、すでに好評発売中です。現時点で多くの方の申し込みを受け付けていますが、毎年一般チケット発売の頃にはSold Outの日が目立ってきます。年明け最初のグランドスラム観戦予定は、今のうちが良いでしょう。
またATP Cup開催のため、日本からオーストラリアへの航空座席や各都市客室が混み合ってきています。観戦チケットだけではなく、航空券やホテルも同時に検討すべきです。

全仏オープン(ローランギャロス)では、フィリップ・シャトリエの開閉式屋根の完成により、大会スケジュールの遅れが解消されるでしょう。また、観戦予定も立てやすくなります。

ウィンブルドンは初日に前年度男子チャンピオン、2日目に前年度女子チャンピオンのセンターコートでのプレーが決まっていますので、この日に予約が集中します。年々高額になるウィンブルドンの観戦チケットは、ペア(2名以上で申込み)が増えていますので、ご注意ください。

全米オープンは先週末に発売したばかりですので、今はまだ選び放題です。直前の申し込みは割高になりますので、早目の検討がお勧めです。

ATPマスターズ1000&500

マスターズ1000の初戦となるBNPパリバオープン(インディアンウェルズ)とその次のマイアミオープンは、毎年予約が集中します。

インディアンウェルズは宿泊確保が難しい大会のひとつですので、ホテル&チケットパッケージがお勧めです。

マイアミオープンは会場をハードロック・スタジアム(サンライフ・スタジアム)へ移してから、公式シャトルサービスがなくなりました。マイアミビーチエリアや市内エリアからも遠くアクセスが不便なので、レンタカー利用が便利でしょう。

2020年のロジャーズ・カップはATPがトロント、WTAがモントリオールですので、お間違えのないように。

夏休み中の観戦が楽しめるウェスタン&サザンオープン(シンシナティ)もホテル確保が難しい大会ですので、ホテル&チケットパッケージがお勧めです。

その他トーナメントは例年通りです。

レーバーカップ、ATPファイナル、その他

新設のATP Cupについては現在販売契約交渉中ですので、しばらくお待ちください。

2020年のレーバーカップは米国・ボストンでの開催が決定しています。2019年大会終了後、新しいレーバーカップをご案内予定ですので、こちらもしばらくお待ちください。

WTAについては、ボルボ・カー・オープン、ロジャーズ・カップ以外は全てATPの共催の大会をご案内しています。WTAファイナルの情報は流動的のため、最新の情報をお待ちください。

ATPファイナルは現在、まだ2019年を販売中です。ロンドン・O2アリーナでの開催は2020年まで、2021年からはミラノへ会場が移される予定です。

ブックマークはこちら!

いち早く観たいトーナメントの観戦チケットを入手するには、以下海外テニス観戦のトップページをブックマークして最新の情報を入手してください。

テニス|オーダーメイド専門旅行会社 有限会社フライト

ウィンブルドンを始めとするグランドスラム、ATPマスターズ、ATPファイナルの観戦チケットと宿泊付パッケージをご案内します。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
スポンサーリンク
関連記事