アメリカ乗馬ツアー|ユタ州の知られざる国立公園エスカランテ・キャニオンで乗馬

アメリカ乗馬ツアーの新コースご案内です。ユタ州といえば、アーチーズ、ブライス、ザイオンなど有名な国立公園が数多くありますが、このコースは雄大なオレンジ色の岩の光景が広がる、知られざる国立公園エスカランテ・キャニオンを中心に周遊します。毎日宿泊施設が変わることなく、2箇所のロッジに連泊する、無理のない日程となっています。

ユタ インディアンの国乗馬

概要

エスカランテ・キャニオンEscalante CanyonとキャピトルリーフCapitol Reefは、この3億年の間に堆積した何千もの層の堆積物によって形成された、米国で探検された最後の土地です。インディアンはこの光景を「眠れる虹の国」と呼びました。毎日、この地域の先駆者によって開かれた新しい道では、ペトログリフ(壁面彫刻)、山、渓谷、岩のアーチを発見できます。

《日程》

1日目

14:00までにソルトレークシティSalt Lake City空港に到着。車でトーリーTorreyのロッジへお送りします(約4時間)。
20:00 ガイドによるブリーフィング。
自由夕食


宿泊:トーリーTorreyのロッジ

2日目

朝食後ガイドに会い、車で厩舎へ。馬と会って鞍に慣れた後サンド川 Sand Creek 方面に向かい、キャピトルリーフ国立公園Capitol Reef National Parkの畏敬の念を起こさせる風景を横断します。夕方トーリーTorreyのロッジに戻ります。

宿泊・夕食:トーリーTorreyのロッジ

3日目

午前中、ソルファークリーク峡谷Sulfur CreekとグースネックGoosenecksを訪れます。そして、キャピトルリーフ国立公園Capitol Reef National Parkの岬の1つに登り、雄大なオレンジ色の岩の景色を楽しみます。

宿泊・夕食:トーリーTorreyのロッジ

4日目

午前、荷物をまとめてガイドの車で、次の宿泊地ボルダーBoulderへ向かいます(車で約50分)。車をボルダーで乗り換え、馬が待つ場所まで別の車で向かいます。到着後、乗馬に出発します。
夕方新しいロッジに到着。

宿泊・夕食:ボルダーBoulderのロッジ

5日目

この日は終日エスカランテ・キャニオンEscalante Canyonとその川、乾いた湖を周遊します。

宿泊・夕食:ボルダーBoulderのロッジ

6日目

乗馬最終日は前日に続き、入り江と渓谷の迷路のエスカランテキャニオン国立公園を探索します。
夕方、参加者全員でフェアウェルディナー。
食後、ガイドによる送迎でトーリーTorreyのロッジに戻ります。

宿泊・夕食:トーリーTorreyのロッジ

7日目

朝食後、ソルトレークシティSalt Lake City空港へお送りします。




《乗馬レベル》

この乗馬は耐久性があり、全ての歩法で快適に乗馬できる上級者向けです。基本的なペースはステップですが、1日に何度かトロットとギャロップする機会があります。
1日平均5〜6時間の乗馬です。場合により、馬から降りて歩く場合があります。

《宿泊》

1〜3日目及び6日目:トーリーTorreyのロッジに4泊

キャピトルリーフ国立公園の入り口に位置するトーリーTorreyは、人口約200人の小さな町です。空き状況により、この町に3軒あるロッジ(Torrey Schoolhouse B&B、Lodge at Red River、 Muley Twist Inn)のうちの1軒に宿泊します。

4〜5日目:ボルダーBoulderのロッジに2泊

ボルダーBoulderは非常に小さな、この大陸で車が最後に到達した都市として知られている町です。 空き状況により、Boulder Mountain LodgeまたはPole's Placeのいずれかに宿泊します。

《食事》

朝食・夕食はロッジまたはレストランにて。昼食は途中でピクニックランチ。

《日本からは》

上記乗馬ツアーへのご参加には、別途日本〜ソルトレークシティ往復航空券が必要です。空港からは車で送迎します(別途送迎料金がかかります)。また、送迎代金よりリーズナブルなレンタカープランもご用意しています。
米国入国に査証(ビザ)は不要ですが、電子渡航認証システムESTAの事前登録が必要です。

料金・その他詳細はウェブサイトをご確認ください。

アメリカ乗馬ツアー

ファームステイからトレッキングまで、1名参加可能な各種コースを取り揃えた海外乗馬ツアーです。初心者から上級向けに1週間の日程を中心に、南米ならではのガウチョスタイルや、エスタンシア、ファゼンダ、アシエンダなど宿泊施設を有した大牧場に宿泊するツアーなど各種ご用意しております。

(画像提供:RandoCheval)

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
関連記事