ガールムのパスタ「ヴェルミチェッリ・アッラ・コラトゥーラ」 – 行かなきゃ食べられない!絶品グルメ

Gourmet

vermicelli-alla-colatura

どんなにトライしても、家庭では再現できない「味」がある。

例えば、誰もが大好きなあのフライドチキン、レシピサイトではあれこれ再現しようとしているが、お店で(またはテイクアウトで)食べる味には敵わない。

同様に、その店でしか出せない「味」があるから、人はレストランにわざわざ足を運んで、食事をするのだ。

それが海外なら、そのレストランに行くこと自体が、旅の目的になる。

筆者自身にとって、旅の目的になったメニューは、イタリア、チェターラのレストラン「サン・ピエトロ」のガールムのパスタ、「ヴェルミチェッリ・アッラ・コラトゥーラ」だ。

そもそも「ガールム」とは?

一言でいえば、ガールムはイタリアの魚醤のこと。

レストランでは、これをColatura di Alici(カタクチイワシの濾過物)と呼んでいる、日本のいしるや、タイのナンプラーとおなじ魚醤の仲間だ。

ガールムの語源は古代ギリシャのようだが、はっきりとしていない。

そして、この魚醤を使ったパスタがガールムのパスタ。

店のメニューには、Vermicelli con colatura di aliciと書いてあるが、スタッフは「ヴェルミチェッリ・アッラ・コラトゥーラ」と紹介してくれた。

ガールム Colatura di Alici

ガールム、Colatura di Alici

その名前を初めて聞いたのは、おそらく20年以上前、テレビでイタリアの小さな漁村の紹介をしていた時のこと。

漁村の小さなレストランを紹介するときに聞いたのが、この魚醤を使ったパスタだった。

もともとタイ料理が好きなのでナンプラーの味はわかるが、

「それを使ったパスタはどんな味がするのだろう?」

と、とても興味があった。

インターネットがそれほど普及している頃ではないため、いつも興味があることを書きとめていた手帳に、ガールムという名前と、その小さな漁村、チェターラという名前だけを書いておいた。

その後、仕事で何度かイタリアに行く機会はあったが、チェターラに立ち寄る機会はなく、そのうち手帳に書き留めておいた名前さえ忘れかけていた。

そして、仕事でイタリア視察を計画した時に、ふとこの漁村の名前を思い出し、視察のあいまに訪れてみようと思いたった。

サン・ピエトロ

サン・ピエトロ

今は、インターネットで名前を検索すれば、あれこれ情報を入手できる。

この小さな漁村、チェターラはカンパーニア州、サレルノからポジターノまでのアマルフィ海岸沿いにある。

かなり強引な日程を組み、アマルフィ滞在中にチェターラを訪れることにした。

レストランのウェブサイトはイタリア語のみ。きっと英語は通じないのだろうと思い、確実に予約するため、わざわざ滞在していたホテルから予約の電話を入れてもらった。

そしていざチェターラへ。

アマルフィの中心から出ているサレルノ行きのバスに乗って約40分、チェターラに着いた。

サン・ピエトロはバス停の目の前だ。

まだ予約した時間には早いので、チェターラを一回りしようと歩き始めた。

港までは徒歩で5分ほど、本当に小さな村だ。防波堤からチェターラを望む写真を撮ってみた。ちょうど夏で、海水浴に訪れた人たちで海岸はにぎわっていた。

チェターラ

そして、予約した時間ちょうどくらいに再びレストランに到着。

名前を告げると外側のテラス席に案内してくれた。海からの風が心地いい席だ。

ウェブサイトとは違い、どうやら英語が話せるスタッフがついてくれたようで、自分たちがガールムのパスタをメインにここを訪れた旨を伝えた。

すると、パスタとガールムの正式な名前を教えてくれ、テーブルにガールムの入った小瓶を持ってきてくれた。そして、

「まず、この味を試してごらん」

といって、皿にガールムと少量のオリーブオイルを入れ、フォークで器用にそれを乳化させた。

それをパンにつけて食べてみろという。

言われるまま一口、「これがガールムの味か!」と納得。

しばらく、それをつまみに白ワインを飲んでいると、お目当てのパスタが運ばれてきた。

初めて名前を聞いてからおよそ20年、やっとこのパスタを食べられる時が来たのだ。

その味は・・・、言葉で語るに難し、である。どうしても味を確かめたい人は、チェターラを訪れるしか方法がない。

サン・ピエトロは、チェターラや近郊の漁港で水揚げされた魚を食材に使う、シーフードがメインのレストラン。

店内には、その日水揚げされた新鮮な魚をワゴンの上に並べてあり、好きな魚を好きな調理法で出してくれるそうだ。

さっそくそのワゴンをのぞきに行き、今日はどれがお勧めか聞いてみた。

すると、日本でもおなじみのサバがいいというので、これまたお勧めの調理法、レモンソースで頂くことにした。

サン・ピエトロ2

サン・ピエトロ3

食後は、コーヒーではなく、この地方の食後酒「レモンチェッリ」でしめるのがいい。

筆者にとって、旅の目的となったメニューはガールムのパスタだったが、こんなメニューに出会えた人はきっと幸せだ。

そして、まだの人は自分自身の旅の目的となるメニューを見つけてほしい。

テレビやネットで見つけたものでもいい、それを想像するだけでなく自身の足で訪ねることが大事だと思う。そのために旅があるのだ。

チェターラを訪れる旅行はパッケージツアーにはないだろう、オーダーメイドで旅を計画するならフライトへ。

コメント