アウトドア 一覧

ハイキング、サイクリングなどアウトドアに関する記事一覧です。

スポンサーリンク
Cycling

サイクルロードレース観戦!ツール・ド・フランスと春のクラシック2024

自分で「走る」ヨーロッパ・サイクリング・ツアーをご案内するフライトから、「観る」サイクリングとして、サイクルロードレースの最高峰、ツール・ド・フランス2024の最終ステージを観戦するパッケージと、ワンデーレースの「春のクラシック」フランス・ベルギー3連戦を一気見できるツアーをご案内します。
Hiking

添乗員・ガイドなしでも安心 – ヨーロッパ・ハイキング・ツアーの不安を解消する5つのポイント

サスティナブルなアドベンチャーツーリズムの代表的なハイキングツアー。当社ご案内のヨーロッパ・ハイキング・ツアーは、添乗員・ガイドなしのセルフガイドツアーです。「セルフガイドツアーって一体どんなツアー?」「添乗員・ガイドなしで海外の自然の中を歩くのは心配」という不安を感じる方に、その不安を解消するポイントをご案内します。
Cycling

ユーロヴェロ一番人気「ライン・サイクル・ルート」を走るドイツ・サイクリング・ツアー

ヨーロッパ中を網羅するユーロヴェロ(EuroVelo)は、すべてのサイクリストのための自転車網です。そして、全17ルートの中で最も人気が高いのは、EuroVelo 15「ライン・サイクル・ルート」です。その人気の理由と、特に美しいと言われるドイツのライン川沿いをめぐるサイクリングツアーをご紹介します。
Cycling

ユーロヴェロ(EuroVelo)を知るとヨーロッパサイクリングがもっと楽しくなる

サイクリングが盛んなヨーロッパには、ユーロヴェロ(EuroVelo)という全欧自転車道路網があります。自動車との並走がほとんどない、サイクリングのための道路網は、日本の都市部のようなせせこましい道路とは大違い。ユーロヴェロを知ることは、よりヨーロッパでのサイクリングを楽しむことができるということです。
Cycling

ヨーロッパ・サイクリング・ツアーでのヘルメット着用について

2023年4月より、日本では自転車乗車の際はヘルメット着用が努力義務となりました。日本では自転車ヘルメット着用有無への注目が集まっていますが、海外ではどうでしょう?当社がご案内するヨーロッパ・サイクリング・ツアーに照らし合わせて、海外の自転車ヘルメット着用事情をご案内します。
Cycling

サイクリング・ツアー中にパンクしたときは自分でチューブを交換しよう

自転車で出かけるのに良い季節になりました。フライトがご案内するヨーロッパ・サイクリング・ツアーも、これからがシーズンです。しかし、事情が違う海外でのサイクリング中にパンクしたら?心配はご無用、この記事の通りに対処すれば、サイクリング・ツアーをさらに楽しむことができます。
Cycling

レンタルバイクで手軽なサイクリングと旅行を兼ねたイタリア・サイクリング・ツアー

グルメと世界遺産がてんこ盛りのイタリアは、相変わらず人気の渡航先です。ただ、せっかくイタリアへ行くなら、ありきたりのパッケージツアーではなく、人とは違った旅行をしてみませんか?そこで、イタリアのゴールデンルート・ヴェネチア〜フィレンツェ〜ローマを、誰もが手軽に移動しながら旅行できる、サイクリング・ツアーをご案内します。
Cycling

サイクルロードレース・春のクラシック「ミラノ〜サンレモ」を走るサイクリング・ツアー

サイクルロードレース・ファンなら、一度はレースと同じコースを走ってみたい。そんな人も多いはず。そこで、ヨーロッパ・サイクリング・ツアーをご案内するフライトより、「クラッシカ・ディ・プリマヴェーラ(春のクラシック)」と呼ばれるワンデー・レース「ミラノ〜サンレモ」のハイライトコースを走るサイクリング・ツアーをご紹介します。
Cycling

TVでサイクルロードレースを観たらダンゼン面白かった

コロナ禍で仕事が全くなかった2021年6月、前々から気になっていたツール・ド・フランスが、テレビで全ステージ放映されるというので観てみた。仕事柄、スポーツ観戦は「現地でライブで見るもの」とばかり思っていたが、サイクルロードレースはテレビで観る方が、ダンゼン面白いと感じた。
Hiking

サンティアゴ巡礼に必須の持ち物は「軽い・丈夫・風雨に強い」

サンティアゴ巡礼は、どの巡礼ルートも最低で1週間、長いものは1ヶ月にも及ぶ過酷な徒歩の旅だ。だから、持っていくべきものは十分に下調べをしなければならない。巡礼の三種の神器ともいえるバックパック、トレッキングシューズ、レインジャケットは、軽くて丈夫、風雨にも強いものを用意する。また、「どうしても必要」以外は持ち歩かない。
スポンサーリンク