GO! GO!! GO!!! フランス運河クルーズでワイン三昧~アマリリス - アフロート・イン・フランス

フランス運河クルーズでワイン三昧~アマリリス - アフロート・イン・フランス

フランスの運河をめぐるクルーズの旅をご存知でしょうか?
フランスには約9000㎞もの運河があり、19世紀に鉄道に替わるまで主要な輸送ルートだったのが運河。今でもフランス国内には11の運河が残っています。そして現在は、輸送ルートに替わって優雅なクルーズルートとなっています。
オリエント急行を運行するベルモンドが案内するフランス運河クルーズ、アフロート・イン・フランスは現在7艇を運航しており、2名から最大12名まで乗船可能。そしてゲストよりも多く乗船するクルーがラグジュアリーな運河クルーズを演出します。
    この記事の目次
  1. キャビン(客室)
  2. ラウンジとデッキ
  3. グラン・クリュ・ウィーク・クルーズ
amaryllis1

アマリリス

各船のルートはこちら
この中からサン=レジェール=シュル=ドゥーヌからディジョンまでのブルゴーニュ運河を運航する「アマリリス」のスペシャルルート、コート・ドールのグラン・クリュ・ワイン畑をめぐるルートをご案内します。
各クルーズは1邸丸ごとチャーターも出来ますが、ご案内のコースは2名からお申し込みが可能です(他のお客様と一緒に乗船します)。

キャビン(客室)

アマリリスは定員8名まで、ベルモンドの中では小型な2階建てクルーズ船。約1週間の悠々としたクルーズの旅の間、このアマリリスがゲストの移動の足となり、かつホテル、レストランになります。
ルイ16世王朝時代のアンティークな装いのキャビンは4部屋。フランスらしさとモダンなティストを兼ね備えています。いずれも鮮やかな大理石を使用した専用バスルームを完備し、ホテルの客室と何ら変わりない利便性を持っています。ベッドメイキングから清掃まで、専用スタッフがお世話します。

amaryllis2

キャビン(客室)の様子

amaryllis3

キャビン内のバスルーム アメニティはロクシタン

ラウンジとデッキ

ラウンジはくつろぎのスペース。乗船中はいつもここで運河沿いに広がるブルゴーニュの風景を眺めたり、本を読みながら時を過ごします。
ラウンジに続くダイニングでは、専用シェフがルートに合わせた食事をご用意します。船内だけではなく、上陸してルート上の様々なレストランにもご案内します。

amaryllis4

ラウンジ

amaryllis5

ダイニング

デッキに温水プールがあるのはこのアマリリスともう少し小ぶりなフルール・ド・リス(定員6名)だけ。ゆっくりと運河を進みながらボートのデッキにあるプールでくつろぐことが出来るのは、まさに非日常の世界です。

amaryllis6

デッキ

amaryllis7

プール

アマリリスのデッキプランはこちら

グラン・クリュ・ウィーク・クルーズ

このルートはアマリリスのスペシャルルートで、ブルゴーニュのコート・ドールの名だたるワイナリーをめぐります。ロマネコンティ、シャルム・シャンベルタン、シュヴァリエ・モンラッシェなどワイン通がうなるワインの畑を訪れることが出来るルートです。一生に一度のハネムーンや周年旅行など、特別な旅行にご利用ください。

料金には乗船中のすべての食事、各エクスカーション、パリから乗降場所までの送迎が含まれます。

1日目 サン=レジェール=シュル=ドゥーヌ(Saint-Léger-sur-Dheune)

パリからサン=レジェール=シュル=ドゥーヌ(Saint-Léger-sur-Dheune)にあるBelmond Amaryllisへお送りします。船上でクルーがシャンパンレセプションとともにお出迎え、そして出発です。

amaryllis8

午後は地元のワイン専門家と会い、夕食をご一緒します。
モンラッシェ(Montrachet)、シャブリ(Chablis)、マジ・シャンベルタン(Mazis-Chambertin)などのヴィンテージ・セレクション・ワインとともに、洗練された料理を味わってください。

2日目 サントネ(Santenay)

悠々としたクルーズは絵のように美しいサントネ(Santenay)の谷を進みます。
午前中、800年以上シャトー・デ・リュリ(Château de Rully)を所有していたコント・ドゥ・テルネ(Comte de Ternay:Château de Ternay)へのガイドツアーへご案内します。

ボートに戻りビュッフェランチ。

午後は、シャトー・ド・シャミレー(Château de Chamirey)の美しいブドウ園へのツアーをお楽しみください。

夕食は地元の栽培者、ソムリエ、ワイン・コンサルタントのパスカル・ワーグナー(Pascal Wagner)氏が主催します。
ワーグナー氏が食事中、ブルゴーニュで最高のヴィンテージ、シュヴァリエ・モンラッシェ(Chevalier-Montrache)、クロ・デ・ランブレ(Clos des Lambrays)、グラン・エシェゾー(Grands Echezeaux)などについてご説明します。

3日目 コート・ド・ボーヌ(Côte de Beaune)

朝食後はデッキでリラックスしてお過ごしください。

その後、コート・ド・ボーヌ(Côte de Beaune)地区へご案内します。
ピュリニィ・モンラッシェ(Puligny-Montrachet)のホテル・レストラン「オリヴィエ・ルフレーヴ(Olivier Leflaive)」では、豊富なテイスティングメニューをお楽しみください。また、モンラッシェの畑があるブドウ畑やその他有名な白のグラン・クリュを見学します。

その後ボーヌへ向かいます。ボーヌではドメーヌ・ルモワスネ(Domaine Remoissenet)の歴史的なセラーでワインテイスティング。そして船上での素晴らしいグラン・クリュ・ディナーのためボートに戻ります。

夕食時にはラ・グランド・クリュ(La Grande Rue)、ラ・ロマネ(La Romanée)、シャルム・シャンベルタン(Charmes-Chambertin)などのヴィンテージ・ワインをお楽しみください。

4日目 ボーヌ(Beaune)

クルーズは魅惑的なソーヌ(Saone)川に沿って続きます。

午前中はデッキでリラックス。ボートでの昼食後、ボーヌを訪れます。
中世のブルゴーニュ建築様式の象徴、15世紀のオテル・デュー(Hôtel-Dieu)のプライベートツアーをお楽しみください。

その後、メゾン・ジョセフ・ドルーアン(Maison Joseph Drouhin)のワインセラーへご案内します。
ボートに戻り、コルトン・シャルルマーニュ(Corton-Charlemagne)、シャルルマーニュ(Charlemagne)、クロ・ド・タール(Clos de Tart)のような素晴らしいグラン・クリュとともに夕食。

5日目 クロ・ド・ヴージョ(Clos de Vougeot)

ディジョンへと続くブルゴーニュ運河沿いをクルーズしながら、ゆったりとした朝をお楽しみください。

昼食後、クロ・ド・ヴージョ(Clos de Vougeot)へご案内します。有名なChevaliers du Tastevinの本社であるこの有名なシャトーのプライベートツアーをお楽しみください。そして世界的に有名なラ・ロマネコンティ(La Romanée-Conti)のブドウ畑にご案内します。

その後、夕食の着替えのため一旦ボートに戻ります。
夕食はPhilippe & Christine Drouhinが所有するドメーヌ・ドルーアン・ラローズ(Domaine Drouhin-Laroze)のプライベートセラーへご案内、特別な食事をお楽しみください。
Philippeはシャペル・シャンベルタン(Chapelle Chambertin)やミュジニー(Musigny)などのグラン・クリュを紹介し、Christineはこれらのヴィンテージ・ワインに合うクラシカルなブルゴーニュ料理を提供します。

6日目 ディジョン(Dijon)

最後のエクスカーション・ツアーはブルゴーニュの首都、ディジョンの美しい街へご案内します。
活気のある中心部を散策し、乗船する専用シェフとともにオープンエアのマーケットで最高の地元食材を選んでください。シェフが仕入れた食材を使って昼食をご用意します。

夕食はフェアウェル・ガラディナーをグラン・クリュ・セレクションとともに。
比類なきヴィンテージの名声に、このディナーが一生に一度の体験であることを実感します。
ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ(Bienvenues-Bâtard-Montrachet)、バタール・モンラッシェ(Bâtard-Montrachet)、リシュブール(Richebourg)と、そのすべての最高位、ラ・ロマネコンティ(La Romanée-Conti)を味わってください。

7日目 ディジョン(Dijon)

朝食後、クルーとお別れです。ボートを降りて、パリまでお送りします。

運航日、料金など詳細は当社ウェブサイト(以下)をご覧ください。ウェブサイトではアマリリス以外にも素晴らしい運河クルーズの旅をご案内しております。
アフロート・イン・フランス|フランス ブルゴーニュ|運河クルーズ

(画像提供:Belmond)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

TOP