錦織圭や大阪なおみら日本勢が出場(予定)する全豪オープン観戦ガイド

australianopen
全豪オープンの季節がやってきました。錦織圭や大阪なおみをはじめ日本勢が出場するシーズン最初のグランドスラムは見逃せません。
このページは、真夏のメルボルンでお目当ての各プレーヤーのプレーを100%以上楽しむための観戦に関するご案内です。すでに観戦パッケージやチケットを申し込み済みの人も、これから申し込む予定の人も、出かける予定はないけどTVで観戦という人もこちらを読んでおけば間違いなし。
    この記事の目次
  1. 全豪オープン概要
  2. 全豪オープンあれこれ
  3. お問い合わせ

全豪オープン概要

rodlaver

【ロッド・レーバー・アリーナ】

会場とアクセス

会場はオーストラリア、メルボルンにあるメルボルン・パーク。メルボルン市内(Flinders Street駅)からトラムで10分、歩いても20分弱と便利なロケーションです。ナイト・セッションでホテルへ帰るのが遅くなってもこれなら安心です。
これほど簡単でアクセス便利な会場なら、現地日本語ガイドつきの観戦パッケージで訪れなくても何ら問題ありません。航空券、ホテル、観戦チケットだけ用意出来れば観戦準備は完了です。

メルボルン市内の各ホテル、メルボルン・パークの各ロケーションは以下アイコンをクリックしてご覧ください。

大会日程とアリーナ

センターコートは全席指定のロッド・レーバー・アリーナ。もう一つの指定席コートはマーガレット・コート・アリーナ。以前は指定席だったハイセンス・アリーナは、今は全席自由席になっています。そしてこの3つすべてのアリーナが開閉式屋根つきですので、雨天でもプレーが可能です。
指定席チケット(ロッド・レーバー・アリーナ、マーガレット・コート・アリーナ)をお持ちであれば、その他のコートはすべて自由に観戦できます。
会場全体のご案内はこちらから、大会日程はこちらからご覧ください。

全豪オープンあれこれ

無料でトラムに乗車できる

全豪オープンの観戦チケットをお持ちの方は、会場までのトラムを無料で利用できることをご存知ですか?
市内中心部~会場のロッド・レーバー・アリーナ(Stop 7B)及びハイセンス・アリーナ(Stop 7C)までのルート70は、ロッド・レーバー・アリーナでの試合終了1時間後まで運行しており、フリーで乗車できます。加えて、ルート70αはフリンダーズ・ストリート (Stop 4 – Elizabeth StreetとStop 5 – Swanston Street)からロッド・レーバー・アリーナ(Stop 7B)及びハイセンス・アリーナ(Stop 7C)までの直通運行です。

今からでも申し込みが間に合う観戦チケットは以下からお申し込み下さい。
全豪オープン2019観戦チケット|AUSTRALIAN OPEN 2019

メルボルン旅行基礎情報

オーストラリアへの旅行には査証(ビザ)取得が必須です。とはいっても大使館へ出かけて取得するのではなく、電子渡航許可タイプのビザ(ETA)で、大使館のホームページから申請が可能です。すでに全豪オープン観戦旅行をお申し込みの方で、まだこのビザ(ETA)を申請していない方は、必ず出発前までに申請を済ませて下さい。パスポートは帰国時まで有効のものであれば渡航可能です。ただし他の国を経由する場合は、その国の渡航に関する情報を確認してください。
オーストラリア大使館のサイトはこちら

オーストラリアに限らず、海外旅行の安全に関する備えが必要です。以下2点は必ず出発前に登録・加入することをお勧めします。
せっかく真冬の日本から真夏のオーストラリアへ出かけるのですから、観戦だけじゃもったいない。メルボルンをはじめオーストラリア旅行を楽しんでください。オーストラリアのオプショナルツアーは以下をご覧ください。

VELTRA

お問い合わせ

観戦チケット&ホテルパッケージ、観戦チケットの料金、詳細は以下からご覧ください。
全豪オープン2019観戦チケット&ホテルパッケージ|AUSTRALIAN OPEN 2019
全豪オープン2019観戦チケット|AUSTRALIAN OPEN 2019
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
スポンサーリンク
関連記事