肉を求めて世界一周 – 行かなきゃ食べられない!絶品グルメ

Gourmet

Tボーンステーキ

世界一周航空券は、「太平洋と大西洋を1度ずつ横断して地球を1本の線でつなぎ最低3大陸で滞在する」航空券のこと。

今では、この航空券を利用して、世界一周旅行を楽しむ人が多くなってきた。

せっかく世界一周の旅に出かけるのだから、何かテーマを持って出かけると、より充実した旅行になるに違いない。

そうだ!グルメはどうだ?

それも「肉」を追求する世界一周の旅は。きっと楽しいに違いない。

アメリカ大陸へ

最初は、太平洋を横断してアメリカ、ニューヨークへ。ニューヨークと言えばステーキ。

ニューヨークででっかいステーキを食するなら、ブルックリンにあるピーター・ルーガーか、マンハッタンのギャラガーズ

2か所でステーキを食べ比べるのも良いが、ピーター・ルーガーはランチタイムのハンバーガーも人気だ。

なので、最初はこのハンバーガーに挑戦。パテはアメリカらしく「よく焼け」で、トッピングの厚切りベーコンも加えて頼む。

ピーター・ルーガー

次は老舗、ギャラガーズだ。

説明は無用。これを食したら、もうここで終わりでもいいと思ってしまう。

が、次は大西洋横断だ。

ギャラガーズ1

ギャラガーズ2

ユーラシアはヨーロッパへ

アメリカから、大西洋を横断してユーラシア大陸、ヨーロッパへ。

ヨーロッパは大変だ。全ての国を回っていたら、それぞれの国自慢の素晴らしい肉を食べなくてはならなくなる。

なので、とりあえず行ける所へ。

まずはロンドン。

イギリスはローストビーフの国。ロンドンでローストビーフを食さなければ、行く意味がない。

あの有名な、Savoyの近くにSimpson’s in the Strandはある。

オーダー後、しばらくするとこんな仰々しいワゴンで運ばれてきて、目の前で薄くスライスしてサーブしてくれる。

Simpson's in the Strand 1

Simpson's in the Strand 2

次は、スコットランドへ北上。

5つ星ホテルで食べる肉もいい。

セント・アンドリュースのThe Old Course Hotelなら、最上階のRoad Hall Restaurantではなく、グランドフロアのSands Grillが、気負うことなく肉を堪能できる。

スコティッシュ・ビーフは、サシが少なくあっさりしていて、軽く8オンスを平らげることが出来る。

メインの前に、バケツのような大きさのシーフード・カクテルを食べた後なのだが…。

The Old Course Hotel

次は、フランスを飛び越えて、イタリアへ。

最初は、イタリアの中にある小国、サンマリノ共和国。

イタリア料理は、どれもうまいし体に合うのだが、時々どうしても肉が食べたくなる。

ふらっと立ち寄った、名前も覚えていない小さなレストラン(確か市庁舎前の通りだ)で肉を頼んだ。こんな小さな町で、イタリア料理ではなく、肉を食べることのウキウキ感はどうだ。

sanmarino

イタリアと言えばTボーンステーキ、フィレンツェの名物「Bistecca alla Fiorentina」だ。

余計なソースは不要、塩コショウで焼かれたステーキに、レモンを絞って食す。

あいにく、フィレンツェで食べ忘れたのだが、ローマ・フィウミチーノ空港の、国内線ターミナル内にあるフードエリアで出会えた。

この分厚さは、ニューヨークのあの肉にも匹敵する。

Tボーンステーキ

オーストラリア大陸からの…

世界一周航空券のためには、3大陸を周遊しなくてはならない。

アジアも良いし、オーストラリアもオージービーフで肉三昧を楽しめるが、ここはスルーしてニューカレドニアへ。

イル・デ・パン島へ渡り、宿泊したのはウレ・ロッジ(現在はウレ・テラ・ビーチ・リゾート)。

ここでしか食べられない、でっかなエスカルゴがお目当てだったが、その後のメインディッシュで頼んだフィレ・ステーキのフォアグラ乗せ。

フランス語圏らしい上品な肉だ。

ウレ・テラ・ビーチ・リゾート

本島に戻り、ポルトガル伝統料理のシュラスコが味わえる店「Casa Portugal」へ。

ブラジルのシュラスコとは違うが、美味。

Casa Portugal

これで日本へ戻れば、世界一周の旅は終了だ。

こんな肉三昧の旅行をしてみたいと思わない?

(ご注意:記載通りに体験した旅行ではなく、世界一周航空券の利用一例として紹介した。全て別々の旅で訪れていることをご了解いただきたい。)

コメント