ムチュア・マドリッド・オープン(ラ・カハ・マヒカ)を観に行こう

スポンサーリンク
ATPマスターズ1000の第4戦、クレーシーズン真っ只中に行われるムチュア・マドリッド・オープンの様々な「?(はてな)」について詳しくご案内します。「ホテルは?」「アクセスは?」など意外にわかりにくい、知らなかった情報を入手して、ゴールデンウィーク明けにマドリッドへテニス観戦に行こう。
    この記事の目次
  1. ムチュア・マドリッド・オープンとは
  2. アクセスとホテル
  3. 観戦スタイル
  4. お問い合わせ

ムチュア・マドリッド・オープンとは

madridopen

モンテカルロ・マスターズから始まりBNLローマ国際へと続く全仏オープンの前哨戦とされるクレーシーズン中のATPワールドツアー・マスターズ1000シリーズ第4戦、ムチュア・マドリッド・オープン(Mutua Madrid Open)はATP、WTA共催のオープントーナメント。舞台はマドリッド南部に位置する「魔法の箱」という意味のラ・カハ・マヒカ(La Caja Magica)、センターコートは約12500席のレッドクレー、Pista Central - ESTADIO MANOLO-SANTANA、もう一つのShow Courtは約3000席のEstadio 2 - Arantxa Sanches Vicario。その他のコートは自由席です。
当社が販売する指定席観戦チケットは、センターコート指定席とEstadio 2(火、水曜日以外は観戦可能)以外のコートで自由に観戦できます。
料金、会場マップ、スタジアム・シートマップは以下からご覧ください。
ムチュア・マドリッド・オープン2019 観戦チケット, 観戦チケット&ホテル|MUTUA MADRID OPEN 2019

アクセスとホテル

会場のラ・カハ・マヒカ(La Caja Magica)はマドリッド南部に位置しています。マドリッドは市内交通網が発達しているため、会場までの移動はさほど困難ではありません。以下地下鉄とバスのアクセスについてご案内します。

地下鉄

地下鉄3号線で最寄り駅San Fermin - Orcasurへ、そこから徒歩12分です(地下鉄マップはこちら)。最寄駅からのアクセスは以下をご覧ください。

access_caja_majica

バス

市内を運行するEMT Busの以下ルートで
Line 23:マヨール広場から約30分、
Line 123:レガスピ広場から約10分、
Estafeta - Av. San Fermin下車、徒歩10分のほか、
大会期間中のみ運行するLine 180:レガスピ広場からCaja Magicaまでの直通バスがあります。

マドリッド市内にホテルは選ぶほどありますが、ホテル選びはアクセスを考慮して。目安となるのは上記アクセスポイントのマヨール広場やレガスピ広場周辺、または国鉄アトーチャ駅近くでしょう。当社が案内するチケット&ホテルパッケージの各ホテルはこれらのアクセスポイント周辺にあり、移動に便利です。あわせてこちらのマップをご覧ください。

観戦スタイル

当社が販売するのはチケット&ホテルパッケージと観戦チケットオンリーの2通り。他のトーナメントのように観戦チケットは細かくシートエリアが分かれていませんので、チケット&ホテルパッケージを選んでも観戦するエリアはほぼ同じです。ですので初めてマドリッド・オープンを観に行くなら、予めホテル宿泊代が含まれるチケット&ホテルパッケージのほうが便利でしょう。チケット&ホテルパッケージはDayセッションを基本としていますので、終日観戦を希望する場合は別途Eveningセッションのチケットを追加で購入することが可能です。

お問い合わせ

お申し込みは下記ページ内申込フォームから、お問い合わせはこちらからご連絡ください。
また、ここに記載されていない「ここが知りたい!」があれば、コメント欄からご連絡ください。
ムチュア・マドリッド・オープン2019 観戦チケット, 観戦チケット&ホテル|MUTUA MADRID OPEN 2019

(画像提供:CTT)

スポンサーリンク

関連記事

コメント