バイレイの「カオマンガイ」 – 行かなきゃ食べられない!絶品グルメ

Gourmet

バイレイのカオマンガイ

「そこに行かなきゃ食べられない」

「あの店であの味を味わうことが、旅の目的になる!」

筆者にとってのそんな店は、ヨーロッパだけではない。

初めて行ったタイ・プーケットがやみつきになり、休みが取れれば、プーケットに出かけるようになって久しいが、近頃はパトンビーチしか行かない。

そう、バイレイのカオマンガイを食べたいがためである。

バイレイ – プーケット・パトンビーチ

パトンビーチにある「バイレイ」は、カオマンガイ(蒸し鶏ご飯)の専門店。

初めてこの店を訪れたのが2003年(スマトラ沖地震の前年)、すでに口コミも多く人気の店だった。

宿泊したホテルがたまたま店に近く、現地のフリー情報誌の記事内容が気になったこともあって、行ってみた。

だが、そのときはまだ看板もなく、店内では英語も通じないという、なかなかハードルの高い店だった。

バイレイ1

店先だけでは何の店かわからない

バイレイ2

店内の様子

最初は、どうやってお目当てのものを頼んだらよいかわからなかった。

メニューはカオマンガイだけだと思っていたら、他にも数種類ある。

しかし、そこは地元で人気の店、店の前でテイクアウト用に蒸し鶏と揚げ鳥を並べていて、それを指させばよかった。

すると、店員が壁に貼られた料金表を指差した。どうやら大盛り、普通盛りを聞いているようだった。料金表で見た数字の少ないほうを指し、それでオーダーはOK。

店内はエアコンなど効いていない。訪れるのはいつも夏のパトンだから、当然暑い。

タレが辛いことは分かっていたので、一緒にシンハービールを頼んだら、ちょっと戸惑って首を横に振った。

どうやらビールは置いていないらしい。

「それならいいよ」といったジェスチャーをしたら、しばらくして外からビールを買ってきてくれた。

かえって気を遣わせてしまったようだ。

それ以来、店内で食べる時は、店員に余計な気を遣わせないように、ミネラルウォーターで食事をする。

これがカオマンガイ(Khao Man Gai)

バイレイのカオマンガイ

これがカオマンガイ

カオマンガイは、東南アジア各国で好まれるチキンライスのタイ語名。

日本では、シンガポールのチキンライスが有名だが、個人的には断然タイのカオマンガイが一番だと思っている。

国によって、ソースまたはタレが違うが、ジャスミンライスの上に載せられた蒸し鶏のスタイルは変わらない。

付け合せにきゅうりの輪切りと、別盛りでパクチーが一皿。これにチキンスープがつく。

ほぼ待つことなく、お目当てのカオマンガイが出てきた。

ジャスミンライスと蒸し鶏の上にかけるタレには、ピッキヌーの輪切りが入っていて、辛さは相当なもの。

地元の人は、さらに”追い”ピッキヌーをする。

だが、これが「チキンライス」を「カオマンガイ」に変える「魔法の味」。

けっして、ただのチキンライスではないのだ。

味は…申し訳ないが、とても文字で書き表すことはできない「絶妙な味」とだけ書いておこう。

知りたい人はパトンビーチを訪れればいい。

近頃はパトンを訪れる際、わざわざバイレイに近いホテルを選んで宿泊し、食べたくなったらテイクアウトして、ホテルの部屋で食べることにしている。

これならビールと一緒に食べれるし、何と言ってもホテルはエアコンが効いている。

カオマンガイ テイクアウト

テイクアウトのカオマンガイ

しかし、どうしても何回かに1回は、あの蒸し暑い店内で食べたくなるのだ。

あえてのカオマンガイ

それ以来、日本でもタイ料理のお店に入るとカオマンガイがあるかどうか確認し、あったら必ず頼むことにしている。

しかし、どうしても日本で食べるのは、上品すぎて本来の味を味わうことが出来ない。

また、タイの他の都市(バンコクなど)で食べても、どうも味が違う。自分にとってのカオマンガイは、パトンビーチにある、バイレイで食べるカオマンガイだ。

この記事のタイトルを、あえて”バイレイの「カオマンガイ」”としたのは、そういった理由からだ。

多くの人がブログに書いているし、プーケットの情報誌や情報サイトにも必ず載っているバイレイの「カオマンガイ」、わざわざパトンビーチまで出かけて食べる価値がある。

最近、バイレイ以外にお気に入りの店が出来た。

それはまた別の機会にでも紹介しよう。そちらはまだまだマイナーな店だ。

コメント