ブックマーク必須!海外乗馬ツアー全ラインナップ – 世界中の乗馬ツアーがここにあります

Horseriding
海外乗馬ツアー

フランスをはじめとしたヨーロッパ各国、アフリカ、南北アメリカ、アジア、オセアニアの海外乗馬ツアーはフライトへ!

この度2019年全コース料金と詳細が出揃いましたので、各方面ページをご案内致します。年度が変わってもウェブアドレスは変わりませんので、乗馬が好き、馬が好きな方はこのページをブックマーク(お気に入り)に登録しておいてください。

フランス乗馬ツアー

当社が提携している乗馬ツアー専門会社の本部があるフランスは、乗馬の本場。世界遺産モン・サン・ミッシェルやロワール古城をめぐり、他方ワインの本場ボルドーやブルゴーニュ、メドックのワイナリーめぐりなど、各地方特色あるツアーを用意しています。2019年は週末コースが増えましたので、フランス旅行に彩りを加える現地ツアーとして乗馬ツアーを利用することが出来ます。

乗馬ツアー日程中は全食事付、朝食と夕食はその地方独自の食材を使用した食事を宿泊施設にて、昼食は乗馬途中で立ち寄る眺めの良い場所でピクニックランチをご用意します。フランスならではの食事中のワインとミネラルウォーターが含まれるコースがほとんどです。移動中は物流チームが帯同して、食事の用意や参加者のスーツケースなどの荷物を運びます。

フランス乗馬ツアーの各コース日程・料金・詳細は以下からご覧ください。

ヨーロッパ乗馬ツアー

フランス以外の各国でも、馬は古くから人間とともに生活してきました。そして乗馬はもっともポピュラーな、そして今日もっとも生活に密着したスポーツ・アクティビティへと変わってきました。そして、国ごとの特色ある珍しい馬に騎乗できる機会があるのも、この乗馬ツアーの特徴です。

北はアイスランドから北欧とバルト三国、南はギリシャ、トルコからコーカサス地方のジョージアまで、その土地土地の素晴らしい風景を日程に取り入れ、ビーチから山岳地帯まで多彩なコースを取り揃えています。

冬のスウェーデンではアイスホテル、スコットランドの古城ホテル、イタリアのアグリツーリスモ、ポルトガルのポサーダなど、特色ある宿泊施設に滞在しながらのコースもヨーロッパならではです。

ヨーロッパ各国乗馬ツアーの各コース日程・料金・詳細は以下からご覧ください。

アメリカ乗馬ツアー

ウェスタン乗馬の本場アメリカでは、カウボーイの生活に密着した牧場生活を体験することが出来ます。
北米ではグランドキャニオン、モニュメントバレー、セドナなどグランドサークルをめぐるコースや、カナダではバンフ国立公園での乗馬、カナディアンロッジでの滞在乗馬を楽しむコースを取り揃えています。

他方中南米では、カリブ海の真珠といわれるキューバ、南米最高峰のアコンカグアに挑戦するコース、ペルーのマチュピチュと聖なる谷「サクレッドバレー」及び世界一深い渓谷コルカ・キャニオンをめぐるツアーを取り揃え、南米ならではのアシエンダやファゼンダといった牧場と宿泊施設が一体化した施設での滞在を楽しむことが出来ます。

南北アメリカ各国乗馬ツアーの各コース日程・料金・詳細は以下からご覧ください。

アフリカ乗馬ツアー

サファリと乗馬が一体化したサファリ乗馬で、ビッグ5に出会えるチャンスです。南アフリカとボツワナでは、本格的なサファリ乗馬を楽しむことが出来ます。サバンナに沈む夕日を眺めながらのサンダウナーは、アフリカならではの貴重な体験です。

サファリ乗馬の宿泊施設は、ラグジュアリーなサファリテント。シャワー・トイレ付の個室テントはある意味ホテルよりも快適な設備で、壮大なアフリカ大陸で体験するグランピングといったところでしょう。
上級レベルを要求されるサファリ乗馬の中で、唯一初心者から参加可能なナミビアでの「マイ・ファースト・サファリ乗馬」は、これから本格的な乗馬を体験したい人にぜひ参加して頂きたいコースです。

アフリカ各国乗馬ツアーの各コース日程・料金・詳細は以下からご覧ください。

アジア・オセアニア乗馬ツアー

アジアでの乗馬の本場モンゴルからカンボジアのアンコールワットをめぐるコース、あるいは文化的遺産が密集するインドのラージャスターン州とインド洋の真珠といわれるスリランカでのマルワリ馬に騎乗する乗馬など、アジア乗馬ツアーでは多彩なコースを取り揃えています。

モンゴルではパオ、インドではラグジュアリーキャンプに宿泊し、貴重な地元の生活様式を体験することが出来ます。

一方オセアニアでは、オーストラリアの東海岸を中心とした2コースおよびニュージーランドの伝説と大自然に触れるキャンプコースは、南半球の手つかずの大自然を満喫できるコースです。

アジアとオセアニア各国乗馬ツアーの各コース日程・料金・詳細は以下からご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました