人気の理由を徹底解明!初心者向け乗馬コース「アイリッシュ・キャッスル・ステイ」

Irish Castle Ride
このところ、特定の乗馬コース、主に初心者向けかつ1か所滞在ステイコースへの問い合わせが集中しています。なかでもアイルランドの「アイリッシュ・キャッスル・ステイ」は、参加する人も徐々に増えてきており、そのうち幾人かは当社ウェブサイト「お客様の声」にご感想を寄せて頂いています。

ブレグジットで揺れるアイルランドにもかかわらず、このコースがなぜ人気なのか、詳細をご紹介しながら検証してみます。
    この記事の目次
  1. 【人気理由1】選べる乗馬日数
  2. 【人気理由2】古城ホテルと選べる3つの宿泊タイプ
  3. 【人気理由3】初心者から上級者まで参加しやすい乗馬メニュー
  4. まとめ

【人気理由1】選べる乗馬日数

アメリカ・カナダでのウェスタン・スタイルや独特なスタイルのモンゴル乗馬とは違い、格式あるヨーロピアン・スタイルの乗馬はやはり乗馬の歴史あるヨーロッパの国で、と思う方は多いでしょう。イギリス同様アイルランドは、伝統的なイングリッシュ・サドルを使用するヨーロッパの乗馬スタイルです。

そのヨーロッパで乗馬をするには、通常どうしても1週間から10日間程度を要します。そのため、忙しい日本の乗馬愛好家はなかなかツアーに参加することが出来ません。
しかし、「アイリッシュ・キャッスル・ステイ」は3泊4日と5泊6日の2つのプランを用意しています。例えば4日間の場合、最短で日本出発から帰国まで3泊6日の日程が可能です。

例えば4日間コースを利用した全体の日程は、

1日目(夜)日本を出発 機内泊
2日目(午前)ダブリン又はベルファストに到着、古城ホテルまで送迎
午後より乗馬スタート
3~4日目 終日乗馬
5日目 チェックアウト後空港へ送迎 欧州内を経由し帰国 機内泊
6日目 日本到着

となります。6日間のコースの場合は、最短で5泊8日です。

【人気理由2】古城ホテルと選べる3つの宿泊タイプ

Castle Leslie
北アイルランドとの国境近く、モナハン郊外に位置するCastle Leslieは、1660年来創業家一族のレスリー家が所有するアイルランド唯一の古城で、現在は1000エーカーの敷地に建つラグジュアリー・ホテルとして運営しています。周囲はアイルランドの田園風景が広がり、目の前には穏やかなグラスラフ湖があります。

Castle Leslie - room
客室は
  • キャッスル(TV、ミニバーなどはありません)
  • ハンティングロッジ
  • 古い厩舎を改装したミューズハウス&コテージ(2ベッドルーム+2バスルーム+キッチン)
の3タイプがあり、空き状況によって選ぶことが出来ます。部屋のタイプによる差額はありません。
ミューズハウス&コテージは城から徒歩数分に位置しています。

そして、このコースは乗馬をしない人と一緒にアイルランドの古城でのヴァカンスを楽しめるよう、Non-rider料金設定があります。乗馬をする人、しない人を選ばないアイルランド滞在が可能です。
乗馬をする人が乗馬メニューを楽しんでいる間、乗馬をしない人は古城ホテルが案内する以下のアクティビティにて充実したアイルランド滞在を過ごすことが出来ます。
  • ビクトリア朝のトリートメントルームでのスパ
  • 乗馬デビューにピッタリ、乗馬シミュレーターや7歳以上のあらゆるレベルに対応したレッスン
  • レスリー家が管理するグラスラフ湖での伝統的なフィッシング
  • クレイ射撃体験
  • 熱気球
  • 馬車の乗車
  • 湖でのボート乗船
  • アイルランドの田園風景のトレイル・ハイキング
  • ピクニック
  • 鷹狩り
  • 映画鑑賞
  • アーチェリー
  • サイクリング
  • (一部は別途料金)
食事は旅の楽しみの一つ。この古城ホテルでは以下2つのレストランがあり、朝・夕食がツアー料金に含まれます。

ロッジ内にあるコナー・バー(Conor's Bar)は、朝食からアイルランド・パブスタイルまでをカバーする、カジュアルな中にも伝統的なアイルランド料理を楽しむのに最適なレストランです。このツアーでの夕食は、

スターター+メインコースまたはメインコース+デザートの気軽なお食事

を楽しむことが出来ます。

Snaffles Restaurant
高級ダイニング「スナッフルズ(Snaffles)」は、ロッジ1階に位置するこのホテルを代表するレストランです。ガラス張りのオープンな雰囲気の中で、アイルランド伝統のディナーを楽しむことが出来ます。このツアーでの夕食は、

スターター+メインコース+デザートのフォーマルなディナー

を楽しむことが出来ます。
滞在中はどちらのレストランの利用も可能です。

昼食は別料金となりますが、宿泊客はこれらのレストランを利用することが出来ます。
午後には伝統的なアフタヌーン・ティーを、古城ホテル内のティールームでお楽しみいただけます。

【人気理由3】初心者から上級者まで参加しやすい乗馬メニュー

Irish Castle Ride2
騎乗する馬は、アイルランド在来種のコネマラポニーとアイリッシュ・ハンターと呼ばれるアイリッシュ・ドラフトとサラブレッドの交配によるスポーツホースを用意しています。ポニーは主に初心者向け、アイリッシュ・ハンターは上級者向けと、レベルに合わせて馬を選ぶことが出来ます。

さらに、レベルにより以下3種類のコースから乗馬メニューを選ぶことが出来ます。
1.スポーツステイ:乗馬技術を向上させるための経験豊富なライダー向け。プログラムは1日3時間の障害物、馬場馬術、クロスと周遊乗馬(4日、6日コース)
2.RANDOステイ:田園地帯を周遊し、シンプルに乗馬を楽しむすべてのライダー向け。1日平均3時間(4日、6日コース)の周遊乗馬
3.初心者ステイ:レッスンを受けながら外乗を楽しみたい(6日コースのみ)初心者ライダー向け

Irish Castle Ride3
レスリー家が所有する1000エーカーの敷地には、全長21マイルの外乗道、300ものクロスカントリージャンプ、全天候型の屋内アリーナ及び全長1マイルの全天候型ギャロップ場、56の厩舎があり、天候を気にすることなくメニューを楽しむことが出来ます。

ヨーロッパの安全基準を満たしたヘルメット着用が必須で、現地にて貸し出し可能です。クロスの際は保護ベスト着用が必須で、こちらは貸し出しがありません。

まとめ

乗馬をする人、しない人を選ばないアイルランドの古城での休日を楽しめる乗馬ツアーです。1人から申し込みが可能ですが、前後にダブリンやベルファストでの滞在を追加して、乗馬をしない人とアイルランド旅行を楽しむことも出来ます。
初心者から上級者まで乗馬を楽しむことが出来、素晴らしい古城ホテルでアイルランド伝統の食事やアフタヌーンティーを堪能することが出来ます。

古城ホテルの休業は年末の10日ほど(2019年は12/21-12/31)で、それ以外はご希望のお日にちに合わせて申込が可能です。

料金・詳細は以下からお問い合わせください。

ヨーロッパ乗馬ツアー|欧州乗馬ツアー

ファームステイからトレッキングまで、1名参加可能な各種コースを取り揃えた海外乗馬ツアーです。初心者から上級向けに1週間の日程を中心に、人気のスペインはパラドールに宿泊するコースをはじめ、カタルーニャ、アンダルシア、ピレネー、カスティーヤ、ガリシア、マヨルカ島、メノルカ島、リオハなど各種ご用意しております。

(画像提供:RandoCheval)

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
スポンサーリンク
関連記事