2020年はなにかと注目のアイラ島へウィスキーツアーでGo!

アイラ島・ラガヴーリン蒸留所
当社ウェブサイト「大人の浪漫」シリーズで大人気のスコッチウィスキー蒸留所を訪れるツアー。そのうちアイラ島4日ツアーの2020年料金および催行日が、早くも確定しましたのでご案内します。

年々高まるウィスキー人気ですが、やはりウィスキーを知るには"Home of Whisky"、聖地スコットランド・アイラ島を訪れてこそ。毎年半年前にはほぼ全ての催行日がSold Outとなってしまうこのツアーに参加して、2020年注目のアイラ島を訪れよう!
    この記事の目次
  1. 2020年はアイラ島の玄関口ポート・エレン周辺が賑やかに!?
  2. 2020年 アイラ島ウィスキーツアー4日の詳細
  3. 催行日・料金お問い合わせ

2020年はアイラ島の玄関口ポート・エレン周辺が賑やかに!?

ポート・アスケイグとともに、本島ケナクレイグからのフェリーが到着するアイラ島の玄関口、ポート・エレン。島の南側に位置するこの港町は、ラフロイグ、アードベッグ、ラガヴーリンなど南側にある蒸留所訪問への近道です。
そのポート・エレンは、1825~1929年そして1967~1983年の間、幻のシングルモルト「ポート・エレン」を作っていたポート・エレン蒸留所があったところです。現在は操業していませんが、樽詰めされた原酒によってそのウィスキーは発売されていました。貯蔵年数を重ねるごとに「ポート・エレン」はますます価値が高まっているところ。
そのポート・エレン蒸留所が、2020年に操業を再開するのでは?とうわさされています。スコッチウィスキー、ひいては世界のウィスキー人気の高まりにより、ここの原酒の所有者ディアジオ社がさまざまな問題をクリアした後、2020年をめどに再稼動させる予定と発表したようです。

もうひとつの注目は、「ポート・アスケイグ」や「エレメンツ・オブ・アイラ」ブランドを所有するエリクサー・ディスティラーズElixir Distillersが、2020年前半の稼動をめどに、ポート・エレンとラフロイグの中間あたりに新しい蒸留所を建設中とのこと。少し古いですが、そのプレス・リリースは以下から。
Elixir Distillers planning Islay distillery | Scotch Whisky
ただでさえ聖地といわれ人気のアイラ島ですが、2020年はさらに期待が高まりそうです。

2020年 アイラ島ウィスキーツアー4日の詳細

フライトでは4つのウィスキーツアーを紹介していますが、そのうち2020年の催行日および料金が確定したのは、
  • スペイサイド・ウィスキーツアー1日
  • アイラ島ウィスキーツアー4日
の2コース。残りの2コースは現在未定ですが、確定次第順次ホームページにてご案内します。

スコッチ・ウィスキーの聖地、アイラ島をくまなくめぐる3泊4日のツアーの特徴は以下のとおり。
  • 最大16名までのミニバスで効率よく蒸留所めぐり
  • アイラ島の女王と呼ばれる「ボウモア」蒸留所徒歩圏内のThe Bowmore Houseに3連泊
  • エジンバラまたはグラスゴーどちらからも出発可能
  • 不安定な運行の空路は使わず、安定運航のフェリーでアイラ島へ
  • 代表的蒸留所でのツアー&テイスティング
    オーバン(1日目、アイラ島へ渡る前)
    ラガヴーリン
    アードベッグ
    ラフロイグ
    ブリックラディ
    ブナハーブン
    キルホーマン
他のウィスキーツアーは、ツアー費用にテイスティングなどの費用が含まれませんが、このツアーは全て含まれています。また、最大16名という少人数・ミニバスでめぐるため、各蒸留所でゆったりと見学できます。

催行日・料金お問い合わせ

具体的催行日や料金、より詳しい日程と詳細は以下からご覧ください。また、お問い合わせ・お申し込みフォームもご用意しています。

オーダーメイド大人の浪漫 スコッチウィスキーの聖地めぐり|スコットランドの蒸留所を効率よく網羅

スコッチウィスキーの聖地スコットランドのウィスキー蒸留所をめぐる個人旅行のプラン例です。行きたい旅作ります。オンリーワンのハネムーン、趣味、体験、探訪、業務渡航など多様な目的に応じたオリジナルの個人旅行プランをご案内します。

(画像提供:ScottishRoute)

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
スポンサーリンク
関連記事