ウイスキー好きなら絶対訪れたい!2020年スコットランド・ウイスキー・ツアー

ストラスアイラ蒸留所
【ストラスアイラ蒸留所】
大変お待たせしました!

フライトがご案内するエディンバラ、インヴァネス発着のスコットランド・ウイスキー・ツアー、2020年の全容と料金のご案内を開始します。

2020年はアイラ島、スペイサイドに加え、ハイランドへのツアーが新たに登場。また、アイラ島全ての蒸留所を網羅する究極のウイスキー・ツアーも発表されました。
    この記事の目次
  1. 新登場!ハイランド・ウイスキー・ツアー
  2. スペイサイド・ウイスキー・ツアーはバリエーション豊富
  3. 究極のアイラ島・ウイスキーツアー
  4. 催行日・料金お問い合わせ

新登場!ハイランド・ウイスキー・ツアー

バルブレア蒸留所
【バルブレア蒸留所】
インヴァネス以北のハイランド地域にあるオールド・プルトニー、バルブレア、グレンモーレンジ、グレンオード蒸留所を、1泊2日でご案内します。潮の香りのウイスキーを生産する蒸留所やスコットランド最古参の蒸留所など、いずれも特徴あるハイランドならではの蒸留所でテイスティングを堪能してください。

宿泊は城内に蒸留所もあるドーノック城、ドーノック・キャッスル・ホテル。客室はガーデン・ルームとキャッスル・スーペリア・ルームの2タイプをご用意。
夕食前には特別なテイスティングをご用意しています(オプション)。
Welcome to Dornoch Castle Hotel | Dornoch Castle Hotel

スペイサイド・ウイスキー・ツアーはバリエーション豊富

2019年までの1日ツアー及び3泊4日ツアーに加え、新たに2泊3日ツアーが登場しました。1日ツアーのみインヴァネス発着、2泊3日、3泊4日ツアーはエディンバラ発着です。

それぞれ訪れる蒸留所が違うので、迷ってしまうほど。新しく登場した2泊3日ツアーでは、ファイフのリンドーズ・アビー蒸留所を訪れることが出来ます。記録に残る限り最古のスコッチ・ウイスキーといわれる「Aqua Vitae(命の水)」を生産している蒸留所です。

また、スペイサイドといえばスペイ川流域に沿って走るウイスキー街道、スコッチウイスキーの聖地です。ここにはバリエーションに富んだ蒸留所が点在しているので、ウイスキー好きにはたまりません。そして、キャスク(樽)を製造するスペイサイド・クーパレッジも外せません。

究極のアイラ島・ウイスキーツアー

ピーティーなウイスキーといえば、スコッチウイスキーの聖地、アイラ島。この島にしか生息しないヘザーからできる泥炭(ピート)による独特の香りは、アイラモルト最大の特徴です。

2019年まではエディンバラ又はグラスゴー発着でしたが、2020年からはエディンバラ発着のみとなりました。アイラ島へ渡る前には、オーバン蒸留所を訪問。徐々にアイラ島への期待が高まります。
ツアーの安定催行のため、運航が不安定なLCCではなくケナクレイグからゆったりとフェリーでアイラ島へ渡ります。フェリー内のバーでもWee Dram(ちょっと一杯)が楽しめ、片道2時間は短く感じるほどです。

3泊4日ツアーは催行日も多くアイラ島訪問の計画が立てやすいコース、そして新たに登場した「究極のアイラ島ウイスキー・ツアー4泊5日」は、アイラ島内で現在操業している9つの蒸留所をすべて廻ります。
(注)天候、予期せぬ蒸留所の閉鎖、イベントにより全ての蒸留所をめぐることが出来ない場合がありますので、ご注意ください。

いずれも宿泊は「アイラモルトの女王」と呼ばれるアイラ島最古のボウモア蒸留所にほど近いB&Bに連泊します。

催行日・料金お問い合わせ

催行日や料金、より詳しい日程と詳細は以下からご覧ください。また、お問い合わせ・お申し込みフォームもご用意しています。

オーダーメイド大人の浪漫 スコッチウィスキーの聖地めぐり|スコットランドの蒸留所を効率よく網羅

スコッチウィスキーの聖地スコットランドのウィスキー蒸留所をめぐる個人旅行のプラン例です。行きたい旅作ります。オンリーワンのハネムーン、趣味、体験、探訪、業務渡航など多様な目的に応じたオリジナルの個人旅行プランをご案内します。

(画像提供:ScottishRoute)

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
スポンサーリンク
関連記事