乗馬ツアー紹介-7~ボルドー・ワインテイスティング乗馬

bordeaux

当社ウェブサイト掲載の乗馬ツアーのうち人気の高いコースから少しずつ日本語日程でご案内する7回目、ボルドー・ワインテイスティング乗馬をご紹介します。
    この記事の目次
  1. コース概要
  2. 日程
  3. 乗馬レベル
  4. 宿泊について
  5. 食事について
  6. 日本からは
現在当社ウェブサイトに掲載している各コースの日程を順次日本語に変更していますが、直していて改めて「とても興味深い」コースと思いこちらに掲載するに至りました。

ボルドー・ワインテイスティング乗馬

《概要》

このコースは最も権威のあるボルドーの葡萄畑を駆け抜ける乗馬ツアーです。
日程中、白ワインで有名なソーテルヌ(Sauternes)はもちろん、メドック(Medoc)、コート・ド・ブライ(Cote de Blaye)、コート・ド・ブール(Cote de Bourg)、ボルドー・スュペリュール(Bordeaux superieur)、ラランド・ド・ポムロール(Lalande-Pomerol)、サン=テミリオン(Saint-Emilion)、アントゥル・ドゥ・メール(Entre-deux Mers)、グラーヴ(Graves)などの有名な赤や白ワインを味わうことができます。
ワイナリーだけではなくブライ城塞(Blaye Citadel)、中世の町サン=テミリオン(Saint-Emilion)、ローザン(Rauzan)城と要塞の町カディヤック(Cadillac)を訪問します。また馬とともにフェリーに乗り、川幅が3キロある広いジロンド(Gironde)河口を横断します。

《日程》

1日目

午後5時30分にボルドー駅、または午後6時30分にボルドー空港で出迎え。ムーリ=ザン=メドック(Moulis-en-Medoc)のホテルへお送りします。
宿泊・夕食:ホテル

2日目

朝食後、午前10時に出発。ブドウ畑や森の間の平らな風景の中をトレッキング。その後ガロンヌ(Garonne)川近くでピクニックランチ、そしてモカイユー(Maucaillou)のワイン博物館でメドックのワインを味わいます。その後フェリーで馬とともにジロンド河口を横断し、ブライ(Blaye)へ(約40分)。ブライ到着後、18世紀に建築家ヴォーバン(Vauban)によって建てられた要塞を訪問し、シャトー・フレディニャック(Fredignac)へ。
宿泊・夕食:ホテル

3日目

朝食後、午前10時出発。丘陵の田園地帯にあるコート・ド・ブライ(Cote de Blaye)とコート・ド・ブール(Cotes de Bourg)の葡萄畑を通過します。その後、シャトーギオネ(Chateau Guionne)で昼食と、コート・ド・ブール(Cotes de Bourg)のワインを味わいます。午後3時に出発し、平らな風景の中をキュブネゼ(Cubnezais)を通り、この日の宿泊地ドメーヌ・ド・ラ・グラヴェット(Domaine de la Gravette)へ。
宿泊・夕食:ドメーヌ・ド・ラ・グラヴェット(Domaine de la Gravette)

4日目

朝食後出発。昼食とフロンサック(Fronsac)ワインを味わうことができるシャトー・マイネ・ヴィヴェイユ(Mayne Vieil)へ向けて葡萄畑や森の間をトレッキング。その後、リブルヌ(Libourne)を通りポムロール(Pomerol)の地域へ。シャトー・ベル・グラーヴ(Chateau Belles-Graves)では、有名なワイン「ラランド・ド・ポムロール(Lalande-Pomerol)」をテイスティングします。
宿泊・夕食:リブルヌ(Libourne)のホテル

5日目

朝食後出発。シャトー・ペトリュス(Chateau Petrus)、シャトー・シュヴァル・ブラン(Chateau Cheval Blanc)、シャトー・フィジャック(Chateau Figeac)を通過してサン=テミリオン(Saint-Emilion)へ。シャトー・ロビン・デ・モワンヌ(Chateau Robin des Moines)に到着後、昼食と地元のワインを味わいます。この日の午後は、サン=テミリオン(Saint-Emilion)で自由散策。
午後遅くサン=テミリオン(Saint-Emilion)を出発し、広いドルドーニュ(Dordogne)渓谷を渡り、午後7時頃サン・ジャン・ド・ブレーニャック(Saint Jean de Blaignac)に到着。
宿泊・夕食:ゲストハウス

6日目

朝食後、午前9時30分出発。丘陵と緑豊かな景観のすばらしいワイン生産地アントゥル・ドゥ・メール(Entre-deux Mers)へ。13世紀のローザン(Rauzan)城でアントゥル・ドゥ・メール(Entre-deux Mers)のワインを味わいます。
午後、丘陵の田園地帯のブドウ畑や森の中をシャトー・ドゥ・ブルスタレ(Chateau du Broustaret)へと向かいます。シャトー到着後コート・ド・ボルドー(Cotes de Bordeaux)のワインを味わったのち、この日の宿泊地カディヤック(Cadillac)へ。
宿泊・夕食:ホテル

7日目

朝食後カディヤック(Cadillac)を出発。ガロンヌ(Garonne)谷を越えてグラーヴ(Graves)とソーテルヌ(Sauternes)の葡萄畑をトレッキング。シャトー・ミラ(Myrat)で昼食、ワインセラーの見学と黄金のワインのテイスティング。
午後、ブドウ畑や森林を通りキャンターでソーテルヌ(Sauternes)へ。醸造学校の塔の上からソーテルヌのブドウ畑の景色を眺めます。
宿泊・夕食:ゲストハウス

8日目

朝食後、ボルドー空港または鉄道駅へお送りします。

《乗馬レベル》

この乗馬は、全てのペースで快適に乗馬できる方向けです。日によって騎乗時間が非常に長く、時には馬を下りて歩かなければならないことがありますが、技術的な難しさはありません。
大人同伴の場合、16歳から受け付けます。

《宿泊》

ゲストハウスとホテル。快適な客室は専用バスルーム付き2名1部屋。1人部屋は追加料金で利用できます。

《食事》

食事は地元の美食を思う存分ご堪能いただきます。
朝・夕食はホテルにて。ランチは、サポート車が昼食地までケータリングします。
ワインテイスティングを含む飲み物代が含まれています。

《日本からは》

上記乗馬ツアーへのご参加には別途日本~ボルドー往復航空券が必要です。ボルドー空港からは乗馬センターの車で送迎します。往復送迎付なので航空券+この乗馬ツアーでオリジナルの乗馬旅行が出来上がります。

料金その他は以下をご覧ください。

フランス乗馬ツアー

(画像提供:RandoCheval)

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
スポンサーリンク
関連記事