オートワール|私が訪れたフランスの最も美しい村々


筆者自身が添乗員として実際に訪れたフランスの美しい村を紹介する第2回目は、ミディ=ピレネー地域圏、ロット県のオートワールだ。

ここも訪れたのは2回、いずれもコロンジュ=ラ=ルージュとともにロカマドゥールからの日帰りで訪れているため、この2つの村は自身にとってセットで記憶されている。
しかし2つとも特徴は顕著で、コロンジュ=ラ=ルージュが赤煉瓦の村であるなら、オートワールはフランスの原風景ともいうべき村だろう。

おそらく誰もが「フランスの田舎」といわれて思い浮かべるような風景が広がる村、それがオートワールだ。

オートワールは「小さなヴェルサイユ」

オートワールは、かつて田舎の保養地だった。そのため、「小さなヴェルサイユ(Petit Versailles)」と呼ばれていた。切り立った石灰岩の崖に囲まれた谷の中に、オートワールはある。その石灰岩の白灰色と対比する長閑な緑の谷は、まさにフランスの原風景だ。

村の中心には15世紀のリマルグ城(下画像上)や、17世紀の顕著な建築様式である三角屋根に出窓があるラロック・デルプラ邸(下画像下)など、かつての保養地だったその痕跡が残されている。



近くには「オートワールの滝」があり、近くまで行ったものの、残念ながら2回ともそこまで足を伸ばさなかった(下画像はその手前)。だが、この一帯こそフランスの原風景をよく表している。


人ひとり見かけないのどかな村


オートワールは、村の中心を除けば殆どの家が谷の斜面に点在して建てられ、牧歌的風景を作っている。この地方によく見られる鳩小屋を各家の円柱型や箱形の塔の上に配し、それがひとつひとつ小さな城のように見える。
屋根瓦はおそらくコロンジュ=ラ=ルージュと同じ土で作られているであろう赤黒い瓦、そして壁は木組みの間を石で埋めるフランスで良く見る造りだ。

朝一番でオートワールに到着しバスを降りると、初秋のひんやりとした朝の空気に包まれた村では人ひとり見かけない。最初に訪れた時もほとんど村人を見かけなかった。例によって村の中心へ、南北に走る唯一の大通りを進む。

autoire1

すると見事な時計塔が現れ、その前に噴水があるちょっとした広場に出た。ここが村の中心だ。広場にある噴水には花が飾られ、それを4体のイルカの像が囲んでいる。その噴水の後方に見える時計塔を持つ建物は、村唯一の大きな教会サン=ピエール教会だ。

最初に訪れた時に食事をしたアウトドア・テラス形式のレストランはなかった。代わりに広場と大通りに面したカフェ兼レストランのような店が1軒あった。

この広場を中心に歩き回ってみる。北側は石灰岩が切り立った崖の手前の緑の斜面に、上述の通りぽつんぽつんと民家が点在している。そして大通りと並行してオートワール川(川といっても水量の少ない用水路のようなものだ)が流れている。




村に1軒しかないカフェ兼レストラン

朝一番だったからなのか、とても静かでおよそ人が住んでいる村のようには思えない。

ところが村を一回りしているうち、いつの間にかカフェ兼レストランはオープンしており、どこから来たのか2~3人の観光客らしき人がコーヒーを飲んでいる。こんな静かな村だから昼食をとるのは無理かと思ってあきらめていたが、どうやらそれは免れたようだ。

このカフェ兼レストランは、オーベルジュでもあった。団体で宿泊するのは無理そうだが(全部で9部屋)、個人で訪れる際には良い宿泊施設のようだ。
とはいっても車がなければ訪れることは難しい。なにしろバスも通っていないのだから。一体ここの住民は普段どのような生活をしているのだろう。何らかの事情で車の運転が出来ない人だっているだろうと思うと、この村のロケーションはとても不便だ。そして筆者自身のように、昼でもワインを飲みたい人はどうするのか?

ドライバーとともにランチを取った。残念ながら今では何を食べたか思い出せないが、村にたった1軒しかないことを考えると、昼食を食べられただけでもとても有難いと思ったことは覚えている。食後はカフェとしても利用させてもらった。

autoire2

午後になると、やはりどこからか観光客が少しずつ現れては大通りを通り過ぎてゆく。中にはサン=ピエール教会に入っていく人もいる。

バスも通っていない不便なロケーションに加え、観光要素というべきものはこの教会と噴水くらいだ。けれども観光客は訪れる。これが「フランスの最も美しい村々」に登録されている証なのだろう。遺していくべきフランスの原風景ともいえるオートワールは、その存在自体が美しい。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
関連記事