アブルッツォの魅力を探る -2~アクセスと美しい村々

TravelOrdermade
ペスカーラ中央駅

【ペスカーラ中央駅】

海岸と山に囲まれた、アブルッツォ。

海沿いは便利なアクセスながら、内陸へ行くにつれて不便になっていきます。その不便さを少しでも解消すべく、イタリア国鉄(FS)を中心としたネットワークを中心に紹介します。

また、意外と知られていませんが、アブルッツォは「イタリアの美しい村々」の宝庫でもあります。

美しい村々へも、交通ネットワークを利用して訪れてみたいものです。

アブルッツォのアクセス

レンタカーは、交通網がないところへも自由に行くことが出来て便利ですが、行く先々で美味しいワインを飲んだら、運転することが出来ません。

アブルッツォに限らず、グルメな人には鉄道やバスでのんびりと旅することをお勧めします。

鉄道

ペスカーラ中央駅は、アブルッツォのターミナル駅。

北は、ヴェネチア・ボローニャから海岸線沿いのルートで、ペスカーラへフレッチャビアンコが運行しています。その終点は、南端のレッチェです。

また、西は、ローマとペスカーラを快速列車で結ぶルートです。

内陸部は、ペスカーラ~テラモ間、スルモーナ~ラクイラ間を直通列車が運行しているほか、ローマ~ペスカーラ間は、アブルッツォ州を横断するように鉄道網が走っています。

Adoriatico Sangritana鉄道

【Adoriatico Sangritana鉄道】

ペスカーラより南のキエティ県へは、Adoriatico Sangritana鉄道が、イタリア国鉄(FS)との共同運行で、オルトーナ、ランチアーノへの列車を運行しています。

2014年にアブルッツォを訪れた際は、この鉄道網を利用して周遊しましたので、以下をご覧ください。

バス

鉄道が網羅されていない町への移動は、バスのネットワークを利用します。

Adoriatico Sangritana鉄道は、バスも運行しており、アブルッツォ南部のキエティ県へは、このバスを利用すると、鉄道では訪れることのできない小さな町や村まで行くことが出来そうです。

それ以外の地域でも、それぞれバスルートが発達しています。事前にスケジュールを確認しておけば、やはり小さな町を訪れることが出来ると思います。

このバスのスケジュールを確認するのに、便利そうなウェブサイトを見つけたので、ご覧ください。

トップページの「I want to go by Bus」というところに、出発地・目的地を入力すれば、バスの時刻表を検索できるものです。

イタリアの最も美しい村々(I Borghi piu belli d’Italia)

タリアコッツォ1

【タリアコッツォ】

フランスから始まった「美しい村々」への取り組みはイタリアへ広がり、今では

  • ベルギー(ワロニー地方)
  • スペイン
  • ルーマニア
  • ケベック(カナダ)
  • 日本や韓国

にもその団体作りが広がっています。

各国が、その美しさや残すべき遺産価値を審査・登録している村々で、いわゆる「観光地」ではないけれども、それぞれ独自の美しい景観や他に類のない村の形状、その成り立ちとなる歴史など、どれも訪れるに十分な価値があります。

イタリアの場合、ほぼ全土に美しい村々がちりばめられており、アブルッツォでも22の村が登録されています。

2014年にアブルッツォを訪れた際には、公共の交通機関を利用して訪れることが出来る村として、タリアコッツォを訪れました。しかし、スケジュールの都合上、訪れたのはこの1つだけ。

ところが、アブルッツォ周遊の拠点の一つとして選んだスルモーナ周辺には、帰国後、実に多くの美しい村々が点在していることがわかりました。

上述のローカルバスを利用すれば、訪れることが出来る村ばかりです。中には、タクシーを利用すれば10分程度で到着する村も。

スケジュールの都合とはいえ、何とも惜しいことをしたなという感じです。

以下は、スルモーナからバス・鉄道を利用して訪れることが出来る村々です。

  • Pacentro
  • Introdacqua
  • Navelli
  • Pettorano sul Gizio
  • Scanno
  • Villalago
  • Popoli(なんと電車でスルモーナから2駅!)

フランスをはじめ、美しい村々巡りに魅せられた自分としては、再度アブルッツォを訪れ、是非訪問したいと思っています。

コメント