2018年より復活!乗馬ツアー紹介-6~モンサンミッシェル~カンカル乗馬

montsaintmichel

≪2018年より装いも新たに復活予定のコースです!≫

当社ウェブサイト掲載の乗馬ツアーのうち人気の高いコースから少しずつ日本語日程でご案内する6回目、モンサンミッシェル周辺乗馬から1コース選んでご紹介します。
    この記事の目次
  1. コース概要
  2. 日程
  3. 乗馬レベル
  4. 宿泊について
  5. 食事について
  6. 日本からは

モンサンミッシェル~カンカル乗馬

《概要》

ブルターニュは自然と伝統、伝説の地方です。
このコースはケルトの領土、アルゴア(Argoat)からアルモール(Armor)までの森林と海辺を乗馬します。
最後の2日間は、このコースのハイライト、馬に乗ってモン・サン・ミッシェル湾を渡ります。

《日程》

1日目

18:00~20:00 ポントルソン(Pontorson)駅で出迎えゲストハウスに送迎します。
宿泊・夕食:ゲストハウス

2日目

朝食後、馬を準備してモンドール(Mont-Dol)へ向かいます。ロズ=シュル=クエノン(Roz-sur-Couesnon)を通り過ぎると、モン・サン・ミッシェル(Mont Saint Michel)湾の美しい景観を楽しむことができます。レストランでの昼食後、再び木々に覆われた道を通り、サン=ブロラドル(Saint-Broladre)の丘に着きます。その後川沿いを通り、沼地の中心に位置する64mの岩礁があるモンドール(Mont-Dol)に到着。
宿泊・夕食:ゲストハウス

3日目

朝食後モンドール(Mont-Dol)を出発し、波打ち際を進みます。その後、穀物栽培地と園芸市場の間を通り、サン=ギヌー(St-Guinoux)で昼食。
午後、内陸を離れ海岸方面へ。この日の宿泊地は海岸からわずか50mに位置するB&Bです。
宿泊・夕食:B&B

4日目

今日のプログラムは、カンカル(Cancale)海岸のビーチと崖が中心です。ボールガール(Beauregard)城を通り過ぎ、ゲクラン島(Guesclin Fort)を見渡すポワント・デュ・ニ(Pointe du Nid)へと進みます。ヴェルジエ(Verger)ビーチとポワント・デ・ラ・ムイエール(Pointe de laMoullière)を通ってカンカル(Cancale)半島を渡り、ポワント・デュ・グルワン(Pointe du Grouin)に到着。モン・サン・ミッシェル、ショゼ(Chaussey)島、そしてノルマンディー海岸を眺められる最良のポイントです。
ピクニックの後、海岸線に沿って進み、B&Bに戻ります。
宿泊・夕食:B&B

5日目

この日はカンカル(Cancale)からモン・サン・ミッシェル(Mont Saint Michel)までの海岸線を進みます。ビーチでのロングギャロップの後シェルエックス(Cherrueix)に到着し、海を見渡すレストランで昼食。
昼食後、防波堤を経由して巡礼地のサン・アン(Saint Anne)教会に向かいます。その後、護岸と海の間でます。この地域は満潮時には海に覆われていますが、通常は有名な「Prés-Salés」と呼ばれる羊が放牧されている場所です。
夕食:レストラン
宿泊:B&B

6日目

この日は、有名なモン・サン・ミッシェル湾を渡る日です。草地を通り、湾へと進みます。ここでは絶好のキャンターの機会です。
湾を渡る間は素晴らしい瞬間です。海の真ん中にあるこの巨大な岩のトンブレーヌ(Tombelaine)島は鳥類保護区でもあり、この素晴らしいモンサンミシェルの景観を作っています。ガイドは、神秘的な一帯の歴史と伝説を説明します。その後海岸に戻り、昼食。
昼食後、私たちの宿泊施設に戻ります。
夕食:レストラン
宿泊:B&B

ご注意:この日のプログラムは大まかな日程です。天候や地面の状況に応じて変更する場合があります。どこでも乗馬できるわけではなく、潮によって他の日に変更する場合があります。つまり、潮のスケジュールを考慮する必要があります。
モン・サン・ミッシェルに上陸、訪問はありません。馬をつなぐ場所がなく、かつ観光客が安全のためです。

7日目

朝食後、正午まで自由行動。昼過ぎ、ポントルソン(Pontorson)駅にお送りします。この日のランチは含まれていません。

《乗馬レベル》

このコースは全ての歩調をコントロールでき、1日平均騎乗時間:5時間に耐えることが出来る体力がある上級者向けです。

《宿泊》

ゲストハウスまたはB&Bにて3~4名1部屋にてご利用いただきます。1人部屋の設定はありません。

《食事》

食事は地元の美食を思う存分ご堪能いただきます。
朝・夕食はゲストハウス又はB&Bにて。ランチは、サポート車が昼食地までケータリングします。

《日本からは》

上記乗馬ツアーへのご参加には別途日本~パリ往復航空券が必要です。
パリ~最寄り駅ポントルソン(Pontorson)は鉄道、ポントルソンからは乗馬センターの車で送迎します。
必要に応じ、前後泊の手配を承ります。

料金、詳細は以下をご覧ください。

フランス乗馬ツアー
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
スポンサーリンク
関連記事