グラダーラ|私が訪れたイタリアの最も美しい村々

Italy

グラダーラ1

筆者自身が、添乗員として実際に訪れた美しい村を紹介する第10回目は、マルケ州ペーザロ・エ・ウルビーノ県にあるグラダーラだ。

この村のほとんどを占めるのがグラダーラ城、そして「イタリアの美しい村々」がこの村につけたニックネームは「フランチェスカとパオロの城」だ。

チャイコフスキーの幻想曲「フランチェスカ・ダ・リミニ」の「地獄篇」第5歌に出てくる、悲恋物語の主人公である。

この物語や幻想曲については、ウィキペディアで詳しく書かれているので、筆者が語るほどのことではない。

その舞台となったのがグラダーラ城で、そこに訪れたというだけである。

城壁に囲まれた超ミニチュアの村

ウルビーノからブリジゲッラへの移動ルート上にあったグラダーラは、立ち寄りスケッチにちょうど良い場所だった。

丘の上に建つ村の入口に村役場があり、大きな時計塔が建っている。

「大きな」と言うのは、少々語弊がある。

村全体は周りを城壁に囲まれ一段高い位置にあるので、城壁内に入るには急な坂道を登らなければならない。

その坂道の終点に時計塔と入口があるため、下から見上げると、とても大きな時計塔のように見えるためだ。

中に入ると坂道はさらに続き、その奥にグラダーラ城がある。

城壁入口からまっすぐ続くその坂道はわずか160m、これがグラダーラ全体なのかと思うと、恐ろしく小さな村だ。

しかし、実際は違った。

グラダーラ城は村のほんの一部で、南北2㎞ほどがグラダーラの全体だった。

ほとんどの観光客が訪れるのは城壁の中なので、小さな村と勘違いされるのだろう。

城壁の外はなんてことない、イタリアの普通の村だ。

糸杉並木の道を進むと、地図に名前も出ていないような小さな教会があり、反対側には鷹狩りのショーを行うためのちょっとした公園がある。

だが、めぼしいのはそれくらいだ。

グラダーラ城

グラダーラ2

どうやら、城壁の上を歩くことが出来るらしい。

入り口にインフォメーションがあり、そこでわずかな入場料を支払うと、インフォメーション横にある階段から登ることが出来た。

城壁づたいに城まで行くことが出来、その途中から、アドリア海を一望できる。

なかなか良い眺めだ。

ついでに、今日のランチに使えそうなレストランも、ここから探してみよう。

グラダーラからの眺め

グラダーラ城の入口には、遠足で来たと思われる学生たちがいた。

その団体と一緒に、場内を見て廻ることにした。城の周りは緑の芝生に囲まれ、気持ちいい。

だが、中に入ると晴れやかな外部とは一変、気味が悪いくらいだった。

上述の通り、この城は悲恋物語の舞台である。その主人公フランチェスカの部屋は、そこだけ一段と空気がひんやりしているようにも感じた。

グラダーラ城内1

部屋の中央には、フランチェスカのものと思われる古めかしい洋服が飾られている。

そして、続きの部屋には聖母マリアの大理石のレリーフ、その前には祭壇のようなものが置かれていた。

グラダーラ城内2

訪れた時は、そんな幻想曲のことなど下調べもしていなかったので、この気味悪さが何から来るのかわからなかった。

だが、感じるまま、早々に城を出てきた。

Ristorante Il Bacio

こんな小さい城壁内にも、ちゃんと観光客用にレストランがいくつかある。

ツアー参加者がスケッチに精を出している間、添乗員は少々暇を持て余す。それは、ツアーが順調な証拠だ。

せっかく素晴らしいほどの快晴なので、オープンテラスのレストランで食事をしてみるとしよう。

どのレストランに入ったらよいかと、素早く探すのも慣れたものである。店の前に掲げられているメニューにピンッ!ときたら迷わず入るのだ。

そして、それはたいてい外れたことがない。

城壁内のほぼ中心にある「Ristorante Il Bacio」は、その時の筆者の気分にぴったりのレストランだった。オープンテラスからもグラダーラ城が見える。

Ristorante Il Bacio 1

秋のマルケ州は、トリュフとジビエだ。

ツアー中に、結構トリュフを使った料理を食べているので、ランチにはあえてトリュフ系は選ばない。

3泊したウルビーノでは、朝食にもトリュフ入り卵と、日本人のために白米を出してくれたくらいだ。

ここでは、普通にサラダとラグーソースのリングイネ、そしてフィッシュ・フライと、まるでマルケ州に関係なさそうなメニューを選んだ。

しかし味には満足。

ランチには十分だし、なにより秋の爽やかな天気が、料理に花を添える。

Ristorante Il Bacio 2

Ristorante Il Bacio 3

美しい村の基準を改めて考えてみる

時々、「イタリアの最も美しい村々」という名前と、そこにリスティングされているだけで、本当に美しいのだと思い込んでしまうことがある。

果たして、このグラダーラという村は、本当に美しい村なのかと思うのは、自分だけだろうか。

自分で撮影した写真は、さほどこの城の美しさを写していないが、確かに城は美しかった。

しかし、美しい村の基準は見た目だけではない。

私が訪れたイタリアの美しい村々 – トリオラ リグーリア州」にも書いた通り、歴史、アート、文化、環境、伝統において特異な小さな村を認定しているのだ。

おそらく、グラダーラは、チャイコフスキーの幻想曲の舞台となった、その史実に基づいて認定されているのだろう。

訪れた時に気味が悪いと感じた城の内部も、ユネスコの文化遺産同様、後世に残していくべきものなのだと思うと、登録理由もうなずける。

コメント