スペッロ|私が訪れたイタリアの最も美しい村々

Italy

スペッロ1

筆者自身が、添乗員として実際に訪れた美しい村を紹介する第11回目は、ウンブリア州ペルージャ県のスペッロだ。

宿泊していたアッシジからわずか14㎞、出発したと思ったらすぐに到着した。駅が近く、鉄道でも訪れやすい村である。

小高い山に沿って南北1㎞ほどに広がるスペッロの人口は約8千人、もはや村というよりは町である。

古代ローマ時代の名残がそこかしこに見られるこの町は、通称「小路の町」と呼ばれている。

アッシジ滞在中から快晴に恵まれたが、スペッロに到着した時は秋が深まり、かつ風が強かったため、だいぶ寒く感じられた。

スペッロの遠景

参加者に、一通りスケッチのロケハンをしてもらった後、例のごとく暇になった添乗員は、町中の探索を始める。

イタリアは、小高い丘や山の尾根に沿って町や村が造られていることが多く、ここスペッロも例外ではない。

その姿は、フランスの鷲の巣村と近く、遠くから全体を眺めるのが美しい。

スペッロの遠景をカメラに収めようと、コンソラーレ門を出て左に進み、葡萄畑が広がる一帯から振り返ってみてみた。

ところが近すぎるのか、小高い山が町に覆われた姿を見ることが出来ない。離れて見たりしてみたが、無理のようだ。

イタリアの最も美しい村々」のウェブサイトに掲載されているような写真を期待したのだが、おそらく空撮だろう。

スペッロ2

あきらめて、再び町の中に入る。

コンソラーレ門を過ぎると、一本の緩やかな坂道が続く。

すぐに、サンタ・マリア・マッジョーレ教会が右手に見える。ここの礼拝堂は14世紀、バリーニ家がピントゥリッキオに描かせた、豪華なフレスコ画がある。

そのすぐ隣には、サンタンドレア教会。その奥に町の中心、レプッブリカ広場があるのだが、そこはあとで昼食の時にでも行ってみよう。

すぐに、左に入る小路を進む。

ローマ時代の名残

ここから、一番北にある14世紀建造のヴァッレグロリア修道院までの小路が、いわゆるローマ時代の名残が見られるところだ。

強風で雲一つない快晴だが、その分日陰の暗さが目立つ小路を進むと、アッシジ方面の広大なパノラマが広がる。

そして、最初に見えてきたのはヴェーネレ門。

アウグストゥス帝時代の堂々とした建造物なのだが、残念ながら修復中の無様な様相だ。

スペッロ3

そこから、しばらくして見えてきたのは、古代ローマのアクロポリスへの入場門、通称アウグストゥスの凱旋門といわれる。

スペッロ4

そして、同じ場所に見えたサン・セヴェリーノ教区教会。

後陣にある、古い教区教会のロマネスク様式のファサードは、修復を終えたばかりで真新しかった。

スペッロ5

小路の町スペッロ

再び、町中に戻る道を辿る。

石造りの家並みは、トスカーナの特徴が良く出ている。

スペッロ6

途中で、小さな雑貨屋を見つけた。

布地で作った唐辛子の小物は、魔除けだろうか。

スペッロ7

そういえば、スペッロの家々の玄関には、小さなほうきに装飾し、日本でいうところの正月飾りのようなものをつけていた。

帰国後、これがどういう意味なのか調べてみているが、いまだにわからない。

もし知っている人がいたら、教えて頂きたい。

スペッロ8

コメント